« ドラゴン 1/35 タイガー1 初期型 製作記 その21 8/6 | トップページ | ドラゴン 1/35 タイガー1 初期型 製作記 その23 8/20 »

2021年8月13日 (金)

ドラゴン 1/35 タイガー1 初期型 製作記 その22 8/13

 ダークグリーンの迷彩色が塗れたら、以前実験したように、ペトロールを染み込ませた綿棒でみすとを拭き取り、薄く緑に染まったダークイエローを元の色味に戻します。同時に迷彩のボケ足の幅も調整します。

 一部、エッジの部分も綿棒で擦ってダークイエローを露出させて迷彩の剥げを再現してみます。
迷彩部分を綿棒で擦ると、今までに塗ったサフェーサー、塗料で出来たデコボコの山の部分の塗料が剝げて、細かくダークイエローが露出し、一部プライマー色も出てきます。偶然にも左右されますが、筆塗りでは表現し難い細かい剝げです。
 楽しくなってやりすぎてしまった感はありますが、タッチアップで修正も可能です(してないですが)。

Dsc05372-2

 ダークグリーンの剝げの次はダークイエローを剝げさせてプライマー色を露出させます。
ダークグリーンの剝げが進行してプライマー色が露出したり、そのままプライマー色が露出したりするパターンがあります。
基本的には、丈串の腹の部分で擦って剝げさせています。以前は、デザインナイフで剝げさせていましたが、
ダークグリーンだけ剝がすとかが出来ず、細かいハゲも塗料の厚みに左右されていたので、それなりの出来でしたが、ペトロールと併用することで、より細かいハゲが再現出来るようになったと思います。

Dsc05374-2

 今の時点では、明るく調色したダークイエローとプライマー色の明度差が激しく、かなり目立っていますが、この後にフィルタリングやウェザリング等で明度差が縮じまって、それなりに落ち着いてゆくだろうと予想しています。

Dsc05386-2

 部分的に綿棒で擦り過ぎてツヤが出てしまった部分もありますが、次の段階のデカール貼りの前にクリアー塗料を全体に掛ける予定なので、今の段階では気にしません。

Dsc05373-2
Dsc05378-2

 ハゲチョロ超楽しい。やり過ぎ注意。一旦、クリアコートしてデカール貼りの準備をします。
 

« ドラゴン 1/35 タイガー1 初期型 製作記 その21 8/6 | トップページ | ドラゴン 1/35 タイガー1 初期型 製作記 その23 8/20 »

ドラゴン 1/35 タイガー1 初期型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドラゴン 1/35 タイガー1 初期型 製作記 その21 8/6 | トップページ | ドラゴン 1/35 タイガー1 初期型 製作記 その23 8/20 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ