« ドラゴン 1/35 タイガー1 初期型 製作記 その14 12/15 | トップページ | ドラゴン 1/35 パンターG型 後期型 製作記 その1 12/29 »

2019年12月22日 (日)

ドラゴン 1/35 タイガー1 初期型 製作記 その15 12/22

 だいたいの工作は終わったと思います。ペリスコープなどの透明部品は後付けするために別にしてあります。 車番などのデカールは、ガルパン仕様のキットなのでタミヤより流用します。

Dsc04981-2

 塗装前に何処を工作したのか忘れないようにおさらいをしておきます。

Dsc04959-2
Dsc04960-2

紆余曲折を経た車体背面。マフラーの防水弁には泣かされました。思い込みで工作するのは危険でした。失敗した部分をリカバリーしてごまかすのもテクニックのうちです。エアクリーナーは準備していましたが、結局使わず・・、特定車輌の特徴も事前に調べておいた方が良かったか・・。資料本が一冊あればかなり時間短縮出来た部分でした。

Dsc04966-2  

 同軸機銃は金属パーツに交換(使ってみたかっただけ)。スモークディスチャージャーの工作は細かいですが楽しかった。

Dsc04972-2

 ゲペックカステンの留め具は目立つ場所なので作り直した甲斐がありました。凹み加工も楽しい。

Dsc04969-2

 牽引ケーブルの交換も効果があったと思います。OVMクランプは今回 なんちゃって簡易版を試してみましたが、次回はエッチング、金属砲身などをを使ってみたいです。

Dsc04979-2

 スモークディスチャージャーはこれが精一杯でしたが、次回はもっと攻めた工作に挑戦したいと思います。

Dsc04974-2

 工作が上手くいっても塗装がマズければ台無しになっています。目指す方向、画材は見えていますが、あくまでも脳内塗装イメージなので実際に手を動かして、そこに近かずけるようにしたいです。塗装前に何ですが、いろいろ試して失敗しても次回につながる物にしたいですネ。

 ここまで来てコンプレッサーが不調です。動かないわけではないのですが、二年近く動かしていなかったのでご機嫌斜めです。早いとこ復調させるつもりです。

« ドラゴン 1/35 タイガー1 初期型 製作記 その14 12/15 | トップページ | ドラゴン 1/35 パンターG型 後期型 製作記 その1 12/29 »

ドラゴン 1/35 タイガー1 初期型」カテゴリの記事

コメント

てんちょう、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

TIGER1 工作見ごたえありました。
スモークディスチャージャーの工作やゲペックカステンの加工を見るとやってみたくなります。
留め具の細かさはいつも大変ですよね。

塗装するとせっかくの工作のあとが見えなくなってしまうとか考えると勿体ない気になってしまったり^^;
でも楽しみです。

 hirozさん、明けましておめでとうございます。返事が遅れてすみません。

タイガー1の工作は喜んでいただけて何よりです。
細かい工作は楽しい。 けど、目がついてゆかない、パーツを飛ばす。など、お決まりのコースです。

hirozさんのP-38も期待しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドラゴン 1/35 タイガー1 初期型 製作記 その14 12/15 | トップページ | ドラゴン 1/35 パンターG型 後期型 製作記 その1 12/29 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ