« ドラゴン 1/35 タイガー1 初期型 製作記 その10 11/17 | トップページ | ドラゴン 1/35 タイガー1 初期型 製作記 その12 12/1 »

2019年11月24日 (日)

ドラゴン 1/35 タイガー1 初期型 製作記 その11 11/24

 さて、いろいろくっ付いていますが、S33号車は側面の履帯交換用のワイヤーが紛失して未装着なので留め具を自作しておきます。
キットのワイヤーパーツを基に留め具の位置をマークしておいてプラ板の切れ端、アルミ板で製作しました。

Dsc04621-2

 資料写真集を見ながら製作しましたが、少し大き目になってしまいました。

Dsc04627-2

 サイドフェンダーは、それぞれの隙間をエッチングノコで深くして別パーツ感を強調しつつ。裏からリューターで削って薄くしてからペンチで曲げています。楽しくなって曲げすぎて割れてしまいましたが放置とします。

Dsc04626-2-2

 キットにはエンジングリルメッシュが付属していないので別で調達する必要があります。
パッションモデルのエッチングでメッシュだけの製品を持っていたはずですが、行方不明なのでライオンロアのタミヤ用からメッシュのみをしようしました。残りはタミヤのタイガー1を製作する時まで大事に取っておきます。 肝心のサイズですが、特に問題なくピッタリと収まりました。

Dsc04618-2

 悲報。 丁寧にパーテイングライン処理をしていたエアクリーナーパイプやエアクリーナーのパーツを準備していましたが、S33号車には未装着だったことが判明。パイプの取り回しが複雑で微妙だったので何回も仮組みしていた最中だったのに・・無駄になりました。そして、エアクリーナーの装着ベースをプラ板で製作しました。位置はだいたいこれくらいです。

Dsc04624-2

« ドラゴン 1/35 タイガー1 初期型 製作記 その10 11/17 | トップページ | ドラゴン 1/35 タイガー1 初期型 製作記 その12 12/1 »

ドラゴン 1/35 タイガー1 初期型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドラゴン 1/35 タイガー1 初期型 製作記 その10 11/17 | トップページ | ドラゴン 1/35 タイガー1 初期型 製作記 その12 12/1 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ