« MG フルアーマーガンダム サンダーボルト版 製作記 その10 1/11 | トップページ | ご挨拶。1/15 »

2018年1月14日 (日)

MG フルアーマーガンダムサンダーボルト版 製作記 その11 1/14

Dsc03949_2 バックパックの汚しを始めます。
手順はいっしょですが、凹凸が激しいので汚し方が難しいです。ベースの部分が白いので、暗めのグレーを中心に汚します。艶消しの汚れを吹くことで、AK塗料の乗りが良くなります。
Dsc03951_2Dsc03950_2Dsc03952_2

 

Dsc03970_2 暗めグレーの上にAK塗料を載せて拭き取りますが、ふき取り加減で剥げてシルバーが出たの部分を強調することができます。ノズルは焼けて色が無くなると思いますが、ノズルの色という記号を残す意味でDsc03971_2汚して、艶消しにするだけに留めておきます。




Dsc03972_2 背面は、ダメージは無いと思いますが、横に飛び出した部分はダメージを負うはずなので、それなりに汚してバランスを取ります。

Dsc03973_2




Dsc03955_2 左腕のロケットランチャーはシールドに隠れていると思っていましたが、意外とはみ出していました もう少しハゲさせないと他の部分とのバランスが取れません。

 最後にフルアーマーガンダム本体の汚しが残っています。

« MG フルアーマーガンダム サンダーボルト版 製作記 その10 1/11 | トップページ | ご挨拶。1/15 »

MG フルアーマー ガンダム サンダーボルト版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« MG フルアーマーガンダム サンダーボルト版 製作記 その10 1/11 | トップページ | ご挨拶。1/15 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ