« レベル 1/32 紫電 製作記 その13 11/13 | トップページ | ハセガワ 1/450 海上自衛隊 ヘリコプター搭載護衛艦 ひゅうが クローズアップ 11/16 »

2017年11月15日 (水)

レベル 1/32 紫電 製作記 その14 完成。 11/15

Dsc03255_2 胴体、フィレット、主翼に繋がる剥がれ具合はバランスを見ながら、パイロットの乗り降り、点検整備で人が歩くく部分を想像しながら剥がしています。ガイアのマルチプライマーは強力で、筆で二度塗り下部分は剥がれ難く、剥がすのが前提なら一度塗りで十分でした。

 
Dsc03259_2 胴体もリベットの頭を中心に剥がしています。
リベットが出っ張っているので、ペーパーで軽くなぜるだけで剥がれてくれます。国籍マークは、最初に塗装した部分でプライマーを二度塗りしているので、全然剥がれてくれません。




Dsc03261_2_2 方向舵などの布張りの部分は、AK015 ダストエフェクトを強く残して金属との質感の違い、褪色を強調しています。胴体下面のアルミ地の部分は、実機の写真でもかなり汚れているのでAKの黒系でしっかり汚しています。

 これで完成で、SAコンに応募の写真を撮って送っています。


 ・・・・が、キットの箱の中を見ていたら部品を付け忘れていました。
主脚に付くアームのパーツを付け忘れています。いざ付けようとすると、長さが足りなくてほとんど自作する羽目に・・(泣)。 あと、主脚の脚出し指示棒を付け忘れていました。穴は開けてあったのに・・。これらを取り付けて、本当に完成です。 SAコンには未完成の写真を送ってしまいました・・。送ってしまった物はしょうがないので良しとしましょう。
Dsc03454_2Dsc03453_2







 初めてアルミ貼りに挑戦した 紫電 が完成しました。
Dsc03262_3Dsc03263_3Dsc03264_3Dsc03269_3Dsc03270_3



 パイロットさんは最初、飛燕からコンバートの予定でしたが、よく考えたら陸軍機で吹くなど装備が違っていたかもしれません。結局、コクピットに収まらなかったのでパイロットなしでの完成になりました。それらしく乗せてみましたが、お尻が浮いています。
Dsc03271_3Dsc03274_3Dsc03282_3Dsc03283_3Dsc03285_3




 機体の凸凹を表現したくて始めましたが、初めてのことが多くなかなか進みませんでしたが、何とか完成してSAコンにも間に合いました。 アルミ貼りはなかなか手強く、試行錯誤でしたが、表現の方法としては可能性を秘めています。今回は、1/32スケールでしたが、1/48スケールに使うには別の方法(特にリベット表現)を考える必要があると思います。
 出来た~、完成だ~。 それでは股。

Dsc03313_2 余談ですが、完成するとすぐにしまうときの箱を作ります。
こういう物は、モチベーションが高いうちに作っておかないと面倒くさくなるので早めに作るのを心掛けています。お腹を上にして格納するようになっています。だからアンテナ線は張っていないです。

« レベル 1/32 紫電 製作記 その13 11/13 | トップページ | ハセガワ 1/450 海上自衛隊 ヘリコプター搭載護衛艦 ひゅうが クローズアップ 11/16 »

レベル 1/32 紫電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レベル 1/32 紫電 製作記 その14 完成。 11/15:

« レベル 1/32 紫電 製作記 その13 11/13 | トップページ | ハセガワ 1/450 海上自衛隊 ヘリコプター搭載護衛艦 ひゅうが クローズアップ 11/16 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ