« レベル 1/32 紫電 製作記 その10 11/3 | トップページ | レバル 1/32 紫電 製作記 その11。 11/8 »

2017年11月 6日 (月)

ハセガワ 1/24 BMW 2002 turbo クローズアップ 11/6

Dsc03361_2  ハセガワより発売されたばかりの
1/24 BMW 2002 turbo
のクローズアップです。
 1973年に発表され、機械式インジェクションと独KKK社製BLDターボチャージャーを装着することで2002tiiに対して30%の出力アップを果たしました。
 レトロなBMWを最新の技術でかっちり再現しています。

 

Dsc03314_2 Aパーツです。
ボディパーツは大変綺麗です。 パーティングラインは車体の角からモールの溝に沿ってに目立たないように入っています。
Dsc03315_2Dsc03316_2




Dsc03317_2 Bパーツです。
車体下部、サスペンション関係、トランスミッション等です。
Dsc03318_2 フルインテリアではないので足回りの、底面の再現はこれで十分です。


Dsc03319_2 Cパーツです。
室内パーツです。バスタブ式室内、インスツルメントパネル、ワDsc03320_2イパーなどです。室内も必要十分な再現度です。



Dsc03321_2 Fパーツです。
後部シート、オーバーフェンダー、フロントスポイラー、リヤスポDsc03322_2イラー、ハンドルなどです。



Dsc03323_2 Gパーツ×2です。
前席シート、ホイールです。
Dsc03324_2




Dsc03325_2 AAパーツです。
車体のモール、ドアノブ、ヘッドライト等のメッキ部品です。
モールは、車体の溝にはめ込むようになっていて、ゲート跡が表面に出ないように配慮してあります。


Dsc03326_2 AC、AHパーツです。
フロントグリルのパーツです。メッキパーツを生かしつつプラパーツと組み合わせることで塗装しなくてもフロントグリルを再現しています。



Dsc03327_2 Sパーツです。
クリアパーツで、ウィンドウ、ヘッドライトレンズ、ウィンカー、テールライトです。ウィンドウは透明度も高く歪みも少なかったです。



Dsc03328_2 T、Pパーツです。
タイヤパーツです。現代の車と比べると、タイヤ幅、扁平率に隔世の感があります。



Dsc03329_2 MCパーツ、デカールです。
ミラーを再現するのに必需品となったメタルインレットとデカールです。デカールは、発色も良く細部の再現も十分でした。



Dsc03377_2Dsc03378_2Dsc03379_2Dsc03380_2Dsc03381_2



Dsc03382_2Dsc03383_2Dsc03384_2Dsc03385_2



 車の好みは様々ですが、塗装しなくても再現度が高くなるように上手く配慮されています。塗装する派の人は然り、メッキを落として塗装で表現する人にも配慮されていて、なかなか懐の深いキットのように感じました。

« レベル 1/32 紫電 製作記 その10 11/3 | トップページ | レバル 1/32 紫電 製作記 その11。 11/8 »

ハセガワ 1/24 BMW 2002 turbo」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハセガワ 1/24 BMW 2002 turbo クローズアップ 11/6:

« レベル 1/32 紫電 製作記 その10 11/3 | トップページ | レバル 1/32 紫電 製作記 その11。 11/8 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ