« レベル 1/32 紫電 製作記 その3 10/14 | トップページ | レベル 1/32 紫電 製作記 その5 10/17 »

2017年10月16日 (月)

レベル 1/32 紫電 製作記 その4 10/16

Dsc02106_2 飛行機モデルの常として、中身を先に作らないといけません。作れるものは先に作ってしまいます。
エンジンは、40年前のキットとしては十分なレベルでした。一部省略されていますが、正面から見てもプロペラで隠れてほとんど見えません。シリンダーはちらっと見えるのでプラグコードだけは追加で工作しておきます。紫電改の写真を参考に0.3mmのソフトワイヤーで一気筒に2本、18気筒で36本(多い)取り付けました。プラグコードの根元にまとめる金具の様な物があるのでそれも再現してみました。

 

Dsc03094_2 紫電のカウリングは、先端がすぼまっているので、エンジンはちらっと見えるだけでした。指示通りの塗装です。エンジン本体はMr.メタルカラー 214 ダークアイアンを筆塗り、シルバーも筆塗りです。プラグコードの色は紫電改の写真に薄茶の被覆を被った物があったのを参考にしています。


Dsc01879_2 主翼のフラップは、布張り表現が過剰に感じたので一度切り離してペーパーを掛けて少し控えめな表現に修正しています。

Dsc01880_2 当てをしたペーパーで、骨組みの部分の布張り表現を落としてその他の部分は残しています。



Dsc01968_2 垂直尾翼の方向舵も同じく布表現が過剰なので切り離して大人しめに修正します。 キット全体のプラが厚めで切り離しにはエッチングノコを使わないと、なかなか切り離しできませんでした。





Dsc02786_3 今のうちに脚庫内部を塗っておきます。
シルバーを吹いた後にMr.カラーのクリアブルー(旧版)を重ねます。 昔のクリアブルーは微妙に緑寄りの色目だったので青竹色の表現にはちょうど良い感じでした。


 SAコン締め切りまであと15日。

« レベル 1/32 紫電 製作記 その3 10/14 | トップページ | レベル 1/32 紫電 製作記 その5 10/17 »

レベル 1/32 紫電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レベル 1/32 紫電 製作記 その4 10/16:

« レベル 1/32 紫電 製作記 その3 10/14 | トップページ | レベル 1/32 紫電 製作記 その5 10/17 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ