« 本日の入荷。 8/18 | トップページ | タスカ 1/35 ファイアフライVc 製作記 その4 8/21 »

2017年8月19日 (土)

タスカ 1/35 ファイアフライVc 製作記 その3 8/19

Dsc01832_2 AK042 ヨーロピアンアースをぺトロールに溶いた物で砲塔も汚します。
ホコリを被る上面を中心に筆で置くようにしてゆきます。塗りたてで湿っている状態ではどれくらいピグメントが乗っているのか判りませんが、乾くとこんな感じになります。当然、このままでは筆跡、ピグメントの残り方が不自然なので、綿棒、スポンジで延ばしたり、拭き取ったり、ぼかしたりします。均一になり過ぎた部分は、練り消しで拭き取ります。

 
Dsc01835_2 著っとメリハリが無いですが、ピグメントを延ばして筆跡を消した状態です。不自然な残り方はしていませんが、全体にモワンと乗ってメリハリがイマイチ足らない感じです。





Dsc01834_2 車体側も前回からもう少し拭き取り、メリハリが付くように修正してみました。練り消しでペタペタすると、かなりの部分のピグメントが取れてくる(完全ではない)ので、ある程度は元に近い状態に戻せます。練り消しの跡の境を綿棒でボカシておきます。




Dsc01836_2 砲塔を車体に乗せてピグメントのバランスを見ます。
どちらかにピグメントが乗り過ぎていてもバランスが悪いので、拭き取る方向でバランスの調整をします。全部フェンダー付近と後ろから1/3ぐらいが徐々に汚れるようにします。戦車の巻き上げる土埃は、物凄くてYouTubeでいろいろ見ることが出来て参考になります。



Dsc01837_2 ここで一度、ピグメントを定着させます。 AK048 FIXER(ピグメント定着液)を使いますが、そのまま筆で塗るとピグメントが動いてしまったり、シミになって残ったりするので、どうやって塗るか悩むところですDsc01839_2_3が、筆にとって、泥はねの要領でビシビシ飛ばせば
均一に定着させられます。



Dsc01840_2 ピグメントの定着液が乾くとピグメントの粒子が若干沈んでコントラストが無くなってしまいました。
 基本塗装とAK024都の汚しのコントラストがピグメントで薄まってしまったので、再度、ピグメントの上からAK024で汚しを部分的に行います。さらにその上からも一度ピグメントをまぶします。

« 本日の入荷。 8/18 | トップページ | タスカ 1/35 ファイアフライVc 製作記 その4 8/21 »

タスカ 1/35 ファイアフライ Vc」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タスカ 1/35 ファイアフライVc 製作記 その3 8/19:

« 本日の入荷。 8/18 | トップページ | タスカ 1/35 ファイアフライVc 製作記 その4 8/21 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ