« 本日の入荷。 8/11 | トップページ | タスカ 1/35 ファイアフライVc 製作記 その2 8/16 »

2017年8月14日 (月)

タスカ 1/35 ファイアフライ Vc 製作記 その1 8/14

Dsc03744_2 製作記となっていますが、既に基本塗装と足回りの汚しが済んだ状態で、長い間放置してしてあったファイアフライをAK、ピグメントを使って今風に仕上たいと思います。
 何時作ったか正確な記録が残っていませんが、2016年より前で、中京AFVの会に持ってゆくために製作したはずです。
 キットは現在、’アスカ ’に名前を変える以前の ’タスカ ’製です。

 

Dsc03745_2 タスカのキットは、サスペンションが可動で少々手間取った以外は大変作り易く、非常にカッチリした出来で今でもベストなキットだと思います。 ただ、一番前と一番後ろの転輪が履帯の張力に負けて浮き上がってしまうので接着しないといけませんでした。最終的に可動サスペンションはすべて接着しましたが、最前部のサスペンションのスペーサーを3から2に減らして、17ポンド砲を装備してフロントヘビー感を出しています。


Dsc03749_2 履帯は二分割のベルト式ですが、材質との相性なのか、クレオスのセメントS(速乾 水色フタ)で接着しようとしたところ、履帯がバキバキに割れて使い物にならなくなりました。新しく用意した履帯は、タミヤの白フタセメントでガッチリと接着しました。こちらは問題なく接着出来ました。 製作自体はほとんど問題なくサクサク進みました。 今見てもタスカのカッチリ感は最高です。



Dsc03747_2 塗装色は、個人的なイメージで、アメリカ軍のOD色とは違うイギリス軍の青緑っぽいグリーンのイメージで、Mr.カラー インディブルーをベースにロシアングリーン、グリーン、濃緑色を混ぜた三段階の明度の色を上面、側面、影部分に分けて塗り、立体感を強調するようにしています。 基本、明度ごとに塗っていますが、ランダムに3色を塗って変化が付くようにしています。 ちゃんと使った色のレシピはメモが残っていました(エライぞオレ)。


Dsc03746_2 この頃はまだ、スミイレ、ウオッシュ、フィルタリングなどの技法はありましたが、AK塗料はまだありませんでした。 基本塗装が済んでスミイレをしてから、当時覚えたアクリル塗料のアルコール落としを試そうとタミヤアクリルのフラットアースを足回り、下面に吹き付けています。この辺でおかしくなってきますが、アルコールを筆で塗ってもなかなか落ちてくれません。アルコール落としは、アクリル塗料を塗って間髪置かずすぐにするのが望ましいようでした。時間を置くとアルコールで落ちにくくなるようです。

 アルコール落としがイマイチ思う通りに行かず、そのまま何となく放置してずいぶん時間が経ってしまいましたが、今ちょっと何が作りたいのか迷っている時期なので、塗装済みでお手軽に汚して楽しめるファイアフライの出番となりました。今の塗装を生かしつつ、AK塗料、ピグメントを使い自分なりのイメージのファイアフライの完成を目指します。

« 本日の入荷。 8/11 | トップページ | タスカ 1/35 ファイアフライVc 製作記 その2 8/16 »

タスカ 1/35 ファイアフライ Vc」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タスカ 1/35 ファイアフライ Vc 製作記 その1 8/14:

« 本日の入荷。 8/11 | トップページ | タスカ 1/35 ファイアフライVc 製作記 その2 8/16 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ