« 本日の入荷。 7/21 | トップページ | アオシマ 1/350 重巡 高雄 1942 製作記 その14 7/24 »

2017年7月22日 (土)

ハセガワ 1/700 日本駆逐艦 早波 クローズアップ 7/22

Dsc01548_2_2 ハセガワから発売されたばかりの
WL462 日本駆逐艦 早波 のクローズアップです。
 夕雲型は、陽炎型に続いて建造され、早波は夕雲型12番艦として1942年舞鶴海軍工廠で起工し1943年7月31日に就役しました。
 先日発売された1番艦 夕雲から約1年半後の就役なので一部の装備が改良さてています。キットは就役時と改装後が選択できます。

 

Dsc01528_2 Aパーツです。
相変わらず、船体は小さいながらも、シャープに成型されていて極小フェアリーダー、舷外電路もシャープにモールドされています。ここは夕雲と共通パーツでした。
Dsc01529_2Dsc01530_2Dsc01531_2




Dsc01532_2 Bパーツです。
艦底、艦首甲板、煙突などです。ことらも共通パーツでした。
Dsc01533_2




Dsc01534_2 E、F、J、Kパーツです。
マスト、艦橋、後部甲板などです。
小さいですが、なかなかシャープに抜けています。艦尾の甲板はE4が指定してありますが、F2は爆雷投下軌条付きの艦尾甲板が余ります。F3は、改装後の第一煙突基部の銃座パーツです。F1は艦橋前に増設された銃座です。


Dsc01536_2 早波のJ、Kパーツです。これが差し替えになっています。
マストの形状は同じですが、中段に22号電探が装備されたため新規パーツになっています後部マストも一体式から分割式に変更になっています。 艦橋基部のK1パーツは窓の数が夕雲より少なくなっています。

Dsc01535_2 夕雲のD、Eパーツです。
前部、後部マストは一体成型で、艦橋基部のD1パーツの窓の数が早波より多くなっています。



Dsc01537_2 Mパーツ×3 です。
夕雲と共通の3連装機銃、ボートダビッド、魚雷発射管などです。
Dsc01538_2Dsc01539_2 夕雲は連装機銃でしたが、早波は三連装機銃です。



Dsc01540_2 Nパーツです。
夕雲と共通の艦首フェアリーダー、パラベーンなどです。N10 13号電探は改装後を作る時に後部マストに取り付けます。



Dsc01542_2 Rパーツ×3 です。
主砲の12.7cm連装砲D型です。
こちらも共通パーツでした。


Dsc01543_2 デカールです。




Dsc01544_2Dsc01545_2Dsc01546_2Dsc01547_2



 小さいですが、なかなかの密度感で小物もシャープに仕上がっています。同型艦でありながら、夕雲と早波では微妙に装備が違っていて、間違い探しの様でなかなか楽しかったです。これは作った人にしかわからない部分かも・・?、小さいながらモールドもシャープで精密感の有る好キットだと思います。
 重巡 高雄 を作っているせいか、艦船模型に目覚めそうです。

« 本日の入荷。 7/21 | トップページ | アオシマ 1/350 重巡 高雄 1942 製作記 その14 7/24 »

ハセガワ 1/700 日本駆逐艦 早波」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハセガワ 1/700 日本駆逐艦 早波 クローズアップ 7/22:

« 本日の入荷。 7/21 | トップページ | アオシマ 1/350 重巡 高雄 1942 製作記 その14 7/24 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ