« 本日の入荷。 7/7 | トップページ | アオシマ 1/350 重巡 高雄 1942 製作記 その10 7/10 »

2017年7月 8日 (土)

アオシマ 1/350 重巡 高雄 1942 製作記 その9 7/8

Dsc01014_2_2 艦橋はまだ仮組みですが、時々こうやってモチベーションを上げないと・・。エッチング製の窓枠は、せっかくなので窓ガラスを入れました。1/700では、できればやりたくない部分ですが、1/350なら比較的簡単にできました。
Dsc01015_2_3Dsc01016_2_3Dsc01013_2_3

 
Dsc01018_2_2 船体色を吹いた時に若干の吹き洩らしがあちこちにありました。忘れないうちにリタッチしておきます。 境界にマスキングテープを貼ってエアブラシで細吹きして修正します。



Dsc01011_2_3後部甲板の軌条の間はリノリウム貼りなのでマスキングして船体色を塗ります。この部分は地がエッチングなので塗料が剥がれ易く、粘着力を弱めたマスキングテープをそっと貼っています。テープを剥がす時はドキドキです。



Dsc01086_2 船体、艦橋、煙突などの構造物は準備出来てきましたが、もう少し細かい物の製作に入ります。その中でも難易度が高いのがアンテナです。キットのままでも十分良いと思うのですが、張り線をするとなると話は別です。引っ張られてアンテナが曲がった・・という話も聞きますのでキットのままでは強度的に心配です。

Dsc01118_2 で、アンテナを自作しました。 だいたいの寸法はキットのアンテナを参考に、1.0mm、0.5mmの真鍮線、レジンの塊を使って形にしています。トラスはキットの物を使いましたが、ほんの少しの角度のずれで隙間が空くのでプラ板を挟んであります。 船体と艦Dsc01116_2橋に接続するので、無理なく付くように仮組みをして、調整に時間をかけています。過信は禁物ですが、丈夫に出来ました。

« 本日の入荷。 7/7 | トップページ | アオシマ 1/350 重巡 高雄 1942 製作記 その10 7/10 »

アオシマ 1/350 日本重巡洋艦 高雄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アオシマ 1/350 重巡 高雄 1942 製作記 その9 7/8:

« 本日の入荷。 7/7 | トップページ | アオシマ 1/350 重巡 高雄 1942 製作記 その10 7/10 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ