« 本日の入荷。 12/27 | トップページ | 今年もあと少し。 12/31 »

2016年12月31日 (土)

タミヤ 1/6 CB750F 製作記 その10 12/31

 今年最後の製作記です。 年内完成には至らず来年に持ち越しになってしまいました。
Dsc08600_2 タンクその他の外装のクリアコートを待ってデカールを貼りました・・・、が、元々入っていたデカールは既に使えない状態だったので、代わりに取り寄せておいたデカール(それでも何年も前の話です)を貼りだすと、割れる割れる・・、ちょっと無理をするとパリパリ割れます(泣)。 途中までは何とか頑張りましたが、大きい所はどうしようもなく、せっかく張った部分も全て剥がして、新しいデカールを取り寄せました。 ビニール袋に入れてありましたが、傷んでしまったようです。

 

Dsc08622_2 新しく取り寄せたデカールは、まさに新品そのもので、定番品とは言え、タミヤの品質管理はさすがです。
 デカールは何の問題も無く貼れました。ただ、冬と言う事で、水ではなくぬるま湯を使ったり、室温を高Dsc08623_2めにして割れの予防をしています。 寒いとデカールが硬くなり割れ易くなっているからです。しっかり貼れるように、タミヤのデカールノリも併用しています。

Dsc08601_2_2 エンジンはAKのアルミで塗りましたが、綺麗に輝き過ぎのような気がします。鋳造のもっとツヤの無い鈍い輝きと言うか、もう少しフラットな感じが欲しいの半ツヤクリアーを塗って輝きを押さえて落ち着いた感じにしました。




Dsc08619_2 エンジンのアルミの質感に比べてキャブレターの質感は明るく軽い感じに見えます。同じアルミでも材質が違うでしょうから、こちらは下地に白に近いグレーに、エンジンと同じAK479 アルミ を塗りました。 来年の課題の一つが 「下地の違いによるシルバーの見え方の違い」 なので、ここで少し実験しておきます。 エンジンと同じ塗料ですが、明るく輝いて見えます。


Dsc08620_2_3 キャブレターの上部は、磨き加工がしてあるのか、本体に比べてピカピカです。AKにはポリッシュドアルミと言うのもありますが、アルミで塗装した後にAK477 クロームを重ねて、輝くようにしておきました。 AKのシルバー系は発色は良いのですが、デリケートで、このままスミイレをすると拭き取る時に剥げてしまうのでクリアーでコートしてあげます。


Dsc08618_2 グラブバーは、黒下地にMr.カラーのメッキシルバーを塗っています。実物のクロームメッキに比べて暗い感じに仕上がっています。 ・・・う~ん、より実物に近くなるように下地を白かグレーで塗り直したほうが良さそうです。メッキ調塗装は奥が深いです。

 小物の手直しが多いのでなかなか進みませんが、また来年もよろしくお願いします。

« 本日の入荷。 12/27 | トップページ | 今年もあと少し。 12/31 »

タミヤ 1/6 CB750F」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タミヤ 1/6 CB750F 製作記 その10 12/31:

« 本日の入荷。 12/27 | トップページ | 今年もあと少し。 12/31 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ