« ハセガワ 1/48 F-14A 製作記 その39 9/17 | トップページ | 本日の入荷。 9/20 »

2016年9月19日 (月)

ハセガワ 1/48 F-14A 製作記 その40 9/19

Dsc06937_2 すったもんだしながらも排気ノズルの先端部を接着しました。
塗装は済ましてあるので、内側から瞬間接着剤で固定します。瞬着がはみ出した時が怖いので内側から少量ずつ流し込んでガッチリ固定しています。
 考えなしだったので排気ノズルの接着でバタバタしましたが、次回以降は何時組み込むのがベストなタイミングかを良く考えなくてはいけません。

 
Dsc06936_2 なかなかの難物が翼下のパイロンでした。
パイロンだけだと少しずれていても判りませんが、ミサイルを着けると変な方向を向くのでずれているのが良く判ります。翼下面とすり合わせをしてありましたが、微調整を繰り返すと合わなくなってきました。
Dsc06939_2 無理やり接着しましたが、パイロンの位置調整は今後の課題です。



Dsc06941_2 う~ん、スパローが内側を向いています。
一度外して、取り付けダボの位置を調整しなくてはいけません。


Dsc06933_2 主脚庫扉がパイロンと干渉しているように感じたのでアームは少し短くしましたが、取り付け位置をずらすだけでも良かった気がするので、あまり意味がなかったかも・・。


Dsc06938_2 一度無くした脚庫扉も出てきて、アームの加工も済んだので所定の位置にピットマルチ2で固定しています。不具合が出てもピットマルチならやり直すことができるので、保険のようなものです。小さい方の扉は外に開き気味なのが正しいようです。


Dsc06940_2 フェニックスミサイルは1mmの真鍮線1本で固定してあります。
接着していないのですが特に問題なさそうです。



Dsc06943_2 お腹のフィンも0.5mmの真鍮線2本で固定しています。
思いのほかしっかり固定できているので接着していません。



Dsc06951_2Dsc06950_2_3 遅ればせながら、ウォークウェイ、エアバック(?)は、控えめながらウォッシング、ドライブラシを繰り返して施しています。


 あとはプローブ類を取り付けて完成・・のはずですが、これが一番厄介で、小さくて取れ易い上に一発勝負で接着しなくてはいけません。気力の充実した時でないと失敗しそうです。

« ハセガワ 1/48 F-14A 製作記 その39 9/17 | トップページ | 本日の入荷。 9/20 »

ハセガワ 1/48 F-14A」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハセガワ 1/48 F-14A 製作記 その40 9/19:

« ハセガワ 1/48 F-14A 製作記 その39 9/17 | トップページ | 本日の入荷。 9/20 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ