« 本日の入荷。 5/2 | トップページ | 本日の入荷。 5/6 »

2016年5月 4日 (水)

ハセガワ 1/32 零戦 52型 丙 クローズアップ 5/4

St34_2 ハセガワより発売されたばかりの
ST34 三菱 A6M5c 零式艦上戦闘機 52型 丙
のクローズアップです。
 基本形は同一で主に武装の違いで甲・乙・丙型があり、三菱、中島で約6000機が生産されました。前部風防、座席後部に防弾ガラスを装備し、座席後部にも防弾鋼板が装備できました。
 当初の12月末発売か延びて先週発売になりました。発売が延びた分細部まで煮詰められた感があります。

 
Dsc04904_2_3 Aパーツです。
胴体、水平尾翼、主脚カバーなどです。
タミヤのようにリベットはモールドされていませんが、実際にもリベットはほとんど見えないので、これで問題なし。背中の微妙な丸みはいかにも零戦らしいシルエットを再現しています。胴体内部に桁パーツの受けがありますが、表面がヒケていないのはさすがです。
Dsc04905_2Dsc04906_2Dsc04907_2Dsc04908_2




Dsc04909_2 Cパーツです。
主翼上面、下面です。
 繊細なモールドが施されています。主翼下面の一部に金型の荒れによる微細なキズが見受けられました。その気で見ていないと気が付かず、スポンジペーパーですぐに消せるレベルでした。
Dsc04910_2Dsc04912_2Dsc04911_2




Dsc04913_2 Dパーツです。
コクピットパーツ、主翼桁パーツ、主脚、などです。
 紫電改では一部だけだったブレーキパイプが完全に別パーツ化されています。コクピット内部も一体化と別パーツ化を上手く使い分けてリアルに再現しています。あとは、丁寧に塗り分けるだけです。
Dsc04914_2Dsc04915_2Dsc04916_2Dsc04918_2



Dsc04919_2Dsc04920_2Dsc04921_2




Dsc04922_2 E、G、J、K、Lパーツです。
カウリング、プロペラ、エンジン、カウルフラップなどです。
 カウルフラップは、開閉選択式。排気管機銃は開口しています。エンジンも必要十分な出来でした。
Dsc04923_2Dsc04924_2Dsc04925_2Dsc04926_2




Dsc04927_2 Sパーツです
増槽タンクと4点支持振れ止めです。
 機体への接続パイプなど良く再現されています。ただ、給油口(?)の真ん中で分割線が通っています。出来れば別パーツにしてほしかった・・。

Dsc04928_2 PAパーツです。
パイロットは、竹 一郎 氏原型。ヘッドは3種から選択できます。
 がんばって塗る価値があります。


Dsc04934_2 Y、P-1パーツです。
キャノピー、翼端灯などです。
 透明度は問題なし。若干表面がうねって歪んで見える部分があるので、気になる人はペーパーとコンパウンドで平滑に磨き上げると良いでしょう。

Dsc04935_2 デカールです。
発色も良く、国籍マークのニス部分は極小でした。


Dsc04936_2Dsc04937_2_2Dsc04938_2Dsc04939_2Dsc04940_2



Dsc04941_2Dsc04942_2Dsc04943_2Dsc04944_2Dsc04945_2



Dsc04946_2Dsc04947_2Dsc04948_2Dsc04949_2Dsc04951_2



 待たされただけに期待通りの出来でした。数字には表れない、零戦らしい微妙なラインが再現されていて、良い仕事をしていると思います。
 このまま作っても十分良い物が出来そうです。全面リベットなど、さらにいじり倒したい人にはまだまだ手を入れる余地もあり、最高の素材でいろいろ遊べると思います。

« 本日の入荷。 5/2 | トップページ | 本日の入荷。 5/6 »

ハセガワ 1/32 零戦 52型 丙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハセガワ 1/32 零戦 52型 丙 クローズアップ 5/4:

« 本日の入荷。 5/2 | トップページ | 本日の入荷。 5/6 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ