« 本日の入荷。 2/5 | トップページ | ハセガワ 1/48 零戦 22型 製作記 その5 2/8 »

2016年2月 6日 (土)

ハセガワ 1/48 零戦 22型 製作記 その4 2/5

Dsc03215_2 ハゲチョロの準備としてまず、シルバーを全面に塗りました。
特に高級なシルバーではなく、普通のMr.カラー 8番です。
サフェーサー、下地の黒も省略、そのまま塗っていますが、乾燥後にシルバー地の保護のためにクリアーでコートしています。

 
Dsc03216_2_2 シルバーを塗装したことで合わせ目の処理の跡が良く判るはずですが、今回は上手く出来たようで、ほとんど判りませんでした。
Dsc03217_2 ハセガワのキットは主翼と胴体の合わせ目に隙間が開くことが多い気がしましたが、今回はピッタリ収まって合わせ目が判りませんでした。


Dsc03220_2 間髪入れずに下面色を塗ります。
Fw190D-9の指定色に従ってMr.カラー 117番 RLM76 ライトブDsc03221_2ルーを塗ります。下面色と言いながら胴体側面まで塗るのでかなりの面積になります。乾燥したら迷彩塗装の準備としてマスキングをしておきます。


Dsc03222_2 マスキング漏らしが無いかを確認したら、明るい方の迷彩色Mr.カラー 122番 RLM82 ライトグリーンを全面に塗ります。
弊害もありますが、この方が手早く塗装出来ます。乾燥させたら残す部分をマスキングします。パターンはFw190D-9に準じています。


Dsc03223_2 最後にMr.カラー 123番 RLM83 ダークグリーンを塗りました。
迷彩の境界のボカシは今回パス。本来は幅広のボケ足のようですが資料が無い!。ifの世界なので目をつぶる事にします。



Dsc03224_2_2Dsc03225_2_2 迷彩パターンはマスキングテープを適度な曲線に切って貼り付けています。主翼のリベットも適度に目立っています。

« 本日の入荷。 2/5 | トップページ | ハセガワ 1/48 零戦 22型 製作記 その5 2/8 »

ハセガワ 1/48 零戦 22型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハセガワ 1/48 零戦 22型 製作記 その4 2/5:

« 本日の入荷。 2/5 | トップページ | ハセガワ 1/48 零戦 22型 製作記 その5 2/8 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ