« 本日の入荷。 1/19 | トップページ | タミヤ 1/48 Fw190 D-9 製作記 その4 1/22 »

2016年1月20日 (水)

ハセガワ 1/450 日本海軍 航空母艦 信濃 クローズアップ 1/20

Dsc03106_2 遅めの紹介となりましたが、12月の末に発売された、
ハセガワ 1/450 日本海軍 航空母艦 信濃 定価5600円
の、クローズアップです。
 大和型戦艦の三番艦として計画され、後に航空母艦として建造されましたが、未完成のまま回航中に魚雷攻撃で沈没しました。
 キットは、少ない部品点数で細部のディテールを再現しつつ、組立易さを重視した「初心者に優しい本格スケールモデル」です。 船体は 左右分割式で、スライド金型によりビルジキールを一体で成形。桁パーツを挟み込む構造を採用し、強度と確実な組み立てを実現 しています。本艦の特徴のひとつである、コンクリート張りで仕上げられた大型飛行甲板は、1パーツで成形。島型艦橋や、傾斜した 煙突も精密に再現しています。
 袋から出してパーツのモールドが見易いようにスミイレしています。気になっているけど、どんな内容なのか迷っている人は参考にして下さい。

Dsc03107_2 Aパーツ。
船体左右です。1/450スケールでも大和型の船体はデカイです。舷外電路などは精密にモールドされています。船体外板の継ぎ目もしっかりモールドされていています。


Dsc03108_2Dsc03109_2Dsc03110_2




Dsc03111_2 Bパーツ。
飛行甲板です。大型空母だけに歩行甲板は広大です。滑り止めなどのモールドもしっかり入っています。あまり見えませんが裏面のトラス構造も再現してあります。


Dsc03112_2Dsc03113_2Dsc03114_2Dsc03115_2Dsc03121_2




Dsc03116_2 Cパーツ。
前部、後部甲板、艦橋下部、船体桁パーツなどです。一体ながらなかなかのモールドです。

Dsc03117_2Dsc03118_2Dsc03119_2Dsc03120_2




Dsc03122_3 Dパーツ。
艦橋上部、煙突などです。


Dsc03123_2Dsc03124_2Dsc03125_2Dsc03126_2




Dsc03127_2Dsc03128_2 Eパーツ。
スクリューシャフト、桁パーツなどです。大和用の不要パーツも含まれています。


Dsc03129_2 Fパーツ。
対空砲、銃座の台座パーツです。 良く見ると機銃座の後ろに弾薬箱もモールドされています。三連機銃は基部が一体モールドされています。

Dsc03130_2Dsc03131_2




Dsc03132_2 Gパーツ×2、Jパーツ×2..
対空砲砲身、三連機銃銃身、噴進砲とディスプレイ台座パーツです。 機銃は細かくモールドされていてなかなかの出来です。

Dsc03133_2Dsc03134_2Dsc03135_2




Dsc03136_2 Wパーツ。
艦載機です。零戦52型×2、紫電改二、彩雲、天山 十二型、流星改が付属していますが、はっきり言って全然足りません。

Dsc03139_2Dsc03138_2Dsc03137_2Dsc03140_2Dsc03141_2




Dsc03143_2Dsc03144_2Dsc03145_2Dsc03146_2Dsc03147_2



Dsc03148_2Dsc03149_2Dsc03150_2Dsc03151_2



Dsc03153_2Dsc03142_2



 完成すると大きいですが、パーツの一体化で思った以上にパーツが少なく押さえられ、精密なモールドでありながら、初心者にも組み立て易いキットになっていて価格も安く押さえられています。
 1/350は荷が重いとか、たまには艦船模型でも、とかライトに満足感のあるキットです。塗装次第で化けると思います。

« 本日の入荷。 1/19 | トップページ | タミヤ 1/48 Fw190 D-9 製作記 その4 1/22 »

ハセガワ 1/450 日本海軍 航空母艦 信濃」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 本日の入荷。 1/19 | トップページ | タミヤ 1/48 Fw190 D-9 製作記 その4 1/22 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ