« 本日の入荷。 11/6 | トップページ | ハセガワ 1/48 F-15J IRST 製作記 その13 11/9 »

2015年11月 7日 (土)

ハセガワ 1/48 F-15J IRST 製作記 その12 11/7

Dsc01966_2 11月に入ってもまだ10月のお題が完成していません(汗!)。
参加予定だったお客さんは、先日 根生さんが持って見えたので全員揃いました。ビリです。 面倒な小物が後回しになったのは痛かったです。
Dsc01967_2 前脚のライトは透明部品なので、ペイントマーカーのシルバーで塗った後接着して、ガラス部分をマスキングゾルで覆ってあります。

 
Dsc01991_2 脚柱など白で塗るものをまとめて塗って、デカール貼り、汚し、タイヤ色を塗り、脚注の可動部にミラーフィニッシュを貼りました。
 脚庫扉、脚柱には注意書きが各所に有りますが、デカールは付属していないので、手持ちのジャンクデカールから使えそうな物を選んでいます。今回は配線をパスしてデカールでデッチアップです。




Dsc01979_2_2 燃料タンクとパイロンは、隙間から見ると数本のパイプで接続されているようです。パイロンからの太い真鍮線は固定用ですが、タンクからの真鍮線は接続されている風のパイプ表現です。
げげっ、パイロンの揺れ止めを忘れていました。


Dsc02002_2 揺れ止めは、0.5mmプラ板を切り出して自作します。実際の物とは微妙に形が違いますが、最大公約数の形でガマンします。0.3mmの穴を開けて押さえを伸ばしランナーで作って差し込みます。


Dsc02005_2 揺れ止めはMr.カラーのアイアンで筆塗りです。何とかパイロンと燃料タンクは完成しました。揺れ止めまで製作しましたが、お腹の下なので見えない・・、いいんです 自己満足ですから(泣)。


Dsc02003_2 いろいろ細かい部分が後回しになっていますが難関はキャノピーフレームの茶色(ベークライト)をどう塗るかでした。
この部分が機体色の機体も有るそうですが、IRST機は茶色でした。
ここまで来てまたマスキングするのも・・・なので、ここは一発筆塗りしてしまいます。赤味の強い茶色なのでそのものズバリの色は見つからず、Mr.カラー 131番 赤褐色 と 133番 土地色を1:1で混ぜています。

 キャノピーのマスキングを外した時にどうなっているか・・、ただ キャノピーのマスキングは後からリタッチで修正が必須だと思っているので少し手間が増えるだけで問題無し。さて、どうなっているか?。

« 本日の入荷。 11/6 | トップページ | ハセガワ 1/48 F-15J IRST 製作記 その13 11/9 »

ハセガワ 1/48 F-15J IRST」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハセガワ 1/48 F-15J IRST 製作記 その12 11/7:

« 本日の入荷。 11/6 | トップページ | ハセガワ 1/48 F-15J IRST 製作記 その13 11/9 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ