« お知らせ。 8/14 | トップページ | 本日の入荷。 8/18 »

2015年8月17日 (月)

ハセガワ 1/32 雷電 製作記 その7 8/17

Dsc00714_2 小物パーツの準備も出来たので、塗装に入ります。
今回は、シリコンバリアでハゲ表現をする予定なので全てのパーツを一度シルバーで塗ってしまいます。小物のパーツはクリップ付き持ち手、両面テープで固定して、一度に全部を塗れるように準備しておきます。

 
Dsc00716_2 おっと、シルバーを塗る前に風防の枠は機内色で塗っておきます。
こうしておけば、キャノピーを開けた時に内側が見えても大丈夫です。
Dsc00715_2別で塗るキャノピーは内側も枠に沿ってマスキングしておきました。雷電のコクピットは広いので見えそうな部分には保険をかけておきます。


Dsc00717_2 シルバーを塗りました。
Mr.カラー8番のシルバーが良かったのですが、手持ちのナカで出番のなかなか無い ガイアノーツ スターブライトジュラルミンを試しに使ってみました。 シルバーは定着が悪いと聞くのと、今回はサフ吹きをしないので、シルバーの希釈はタミヤのエアブラシクリーナーのみで行いました。若干プラを侵しつつシルバーがしっかり定着するのを期待しています。

Dsc00718_2Dsc00719_2Dsc00720_2 かなりギラギラしたシルバーでした。日本機のジュラルミンとしては輝きすぎですが、ハゲてチラッと見える分にはちょうど良いかもしてません。


Dsc00721_2 敵味方識別帯は、きちっとマスキングして、下地にレド-ム色を塗ってから黄橙色を塗っています。シルバーに直接、黄橙色を塗るとムラになってなかなか発色してくれませんが、下地にレドーム色(クリーム系の色ならなんでもOK)がひと塗りしてあるだけで、数回重ねるだけで綺麗に発色しました。

Dsc00722_2 シルバーを塗ったついでに、脚収納庫はマスキングしてMr.カラーのクリアブルーを重ねて青竹色にしておきます。脚カバー内側なども同様に塗っておきます。脚収納庫は乾いたら、塗れティッシュ、マスキングゾル(ゴム系)で塞いでキッチリ、マスキングして機体色の塗装に備えます。

Dsc00723_2 機体色を塗る準備が整いましたが、その前にシリコンバリアーを塗っておきます。小さいハゲはデザインナイフで出来ますが、大き目のハゲはシリコンバリアが有効です。
ハゲさせるだろう部分(今回はほぼ全体)に筆塗りします。

« お知らせ。 8/14 | トップページ | 本日の入荷。 8/18 »

ハセガワ 1/32 雷電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハセガワ 1/32 雷電 製作記 その7 8/17:

« お知らせ。 8/14 | トップページ | 本日の入荷。 8/18 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ