« バンダイ 1/100 MG ケンプファー 製作記 その3 7/13 | トップページ | バンダイ 1/100 MG ケンプファー 製作記 その5 7/18 »

2015年7月15日 (水)

バンダイ 1/100 MG ケンプファー 製作記 その4 7/15

Dsc00143_2_3 パーツが乾燥したら塗装の準備です。
持ち手をしっかり安定できる場所に取り付け、小物は割り箸に両面テープで貼り付けます。塗装中に外れてホコリだらけというのは悪夢ですから。 
Dsc00194_2_2まず下地のツヤ有り黒を塗ります。使うのはガイアノーツのEx-02 ブラック(50ml)です。何かと使う色なので大瓶の方がありがたいです。なるべく裏も塗るようにして3回ほど重ねれば、真っ黒ツヤツヤです。

 
Dsc00196_2_2 メタリック塗装の下地のシルバーです。
Mr.カラー SM06 クロームシルバーを使いました。箱入りのチョット高いシルバーですが、吹き方を注意すればかなり輝くシルバーです。 低圧で15~20cmの距離で少しずつ乗せる感じで塗装します。下地の黒が隠れるか、隠れないかの時が一番輝いて見えます。メッキ調塗装の良い練習です。


Dsc00197_2_3Dsc00195_2_2 一番輝いて見えるタイミングで終わるのはなかなか難しいです。何個も塗って経験値を上げて感覚で判るようにならないと、どれ位と言うのは表し難い部分です。


Dsc00292_2_2 右はクロームシルバーを何も考えず普通の塗料と同じように吹いたものです。左は低圧で少しずつ乗せるように塗装したものです。同じクロームシルバーでも塗り方次第でこれだけ輝きが違ってきます。
シルバー塗装は奥が深く面白いです。

Dsc00319_2_2Dsc00321_2_2 左は調色してあったクリアブルー(E)です。ベストな色だと思っていましたが、実際に立体物に塗ってみると紫に寄り過ぎています。今回はこのイメージではありませんので再度、調色したのが右側(A)です。


Dsc00291_2_3 単にクリアブルーを塗るだけでは芸が無いのでパール色を下地に塗るとどう見えるかと思いつきました。1/144 旧ケンプファーのランナーで実験です。本番と同じようにクロームシルバーを塗ってから、Mr.カラー XC05サファイアブルー(B)、XC04 アメジストパープル(C)、XC03 ルビーレッド(D)をクロームシルバーの上から塗装しています。その上からクリアブルー→つや消しクリアーの順で塗装して見え方の変化を較べてみます。

Dsc00329_2_2Dsc00322_2_2Dsc00335_2_2Dsc00336_2_2Dsc00382_2_2



 Bはサファイアブルーがベースです。かなり厚塗りしないと青味が感じられませんでした。クリアブルーを重ねても、ブルー系の上にブルーなのであまり変化が感じられませんでした。つや消しクリアーを重ねても・・・う~ん、普通?。

Dsc00328_2_2Dsc00323_2_2Dsc00337_2_2Dsc00338_2_2Dsc00383_2_2




 Cはアメジストパープルがベースです。こちらもかなり厚塗りしないと紫味が感じれれません。クリアブルーを重ねると、パールを厚めに塗った部分は微妙に青紫に変化して見えます。つや消しクリアーを重ねると全体が少し明るく見える代わりにコントラストが弱くなったように見えます。

Dsc00327_2_2Dsc00324_2_2Dsc00339_2_2Dsc00340_2_2Dsc00384_2_2



 Dはルビーレッドがベースです。そんなに厚塗りしなくても赤味が感じられます。なかなか妖しい感じです。クリアブルーを重ねると、ブルーの薄い部分は赤紫に変化します。つや消しクリアーを重ねると、全体が少し明るくなり、少しくすんだ色のブルーになりました。


Dsc00381_2_9 最終的には、全体をつや消しで仕上げます。
テストで使ったランナーも実際につや消しクリアーを塗って、どのように見えるかを確認します。全体を見ると明度が少し上がりコントラストが弱くなっているように見えます。
最終的な仕上がりのイメージは、ブルーの濃淡でコントラストをつけたつや消し仕上げなので、ここまでテストしておけば本番でも大きな違いは出てこないはず。

Dsc00344_2_3 Fは、下地にパール色を塗るのではなく、クリアブルーに直接混ぜたらどうなるかを実験してみました。混ぜたのは、XC04 アメジストパープルです。
結果として、下地に塗るより強く紫の主張する色になりました。今回はイメージと違うので使いませんが、何かに使えそうなので覚えておきます。

« バンダイ 1/100 MG ケンプファー 製作記 その3 7/13 | トップページ | バンダイ 1/100 MG ケンプファー 製作記 その5 7/18 »

MG ケンプファー」カテゴリの記事

コメント

てんちょーこんにちは

銀塗装さすがです。
輝きと色味の研究には冬に行ったときにも
お聞きしていましたがケンプファ塗装ならば
この方法ぴったりしそうですね。
クレオスSM06クロームシルバー下地ですね。
在庫探してみようと思います。

 hirozさん、お久しぶりです。
より輝度の高いメッキ調塗装なら、..
SM08 メッキシルバーNEXTの方が輝きます。

 台風直撃でしたがだいじょうぶでしたか?。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バンダイ 1/100 MG ケンプファー 製作記 その4 7/15:

« バンダイ 1/100 MG ケンプファー 製作記 その3 7/13 | トップページ | バンダイ 1/100 MG ケンプファー 製作記 その5 7/18 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ