« モケモケ展示会。 6/6 | トップページ | ハセガワ 1/32 雷電 製作記 その3 6/13 »

2015年6月 8日 (月)

ハセガワ 1/32 雷電 製作記 その2 6/8

Dsc09700_2 コクピットはレビューの時に組み立ててあったので、ペトロールを流し込んで分解します。
日本機には珍しく、雷電のコクピットは大きく中が良く見えます。パイロットも後乗せ可能なので、乗せない時を考えて少し配線を追加してディテールアップします。
 モデルアートの雷電資料本を眺めつつ、見えそうな部分を中心に配線を追加しました。

 
Dsc09701_2 配線用の銅線、ソフトワイヤーから適度な太さの物を選んでいます。
フロアーの計器、レバー等から生える配線を追加します。計器のレバー類も表現が薄かったので自作しています。


Dsc09702_2 壁の計器類からの配線も追加。
レバー類は太く感じたので、デザインナイフでカンナ掛けをして細くしてみました。
配線の接合部は見えないので、ピンバイスで開けた穴に配線を突っ込んで瞬着で固定しただけです。

Dsc09703_2 シート後ろにワイヤー(ヒモ?)を追加しています。
シートはプラの厚みがモロに出ているので、これから内側のエッジを削ってプレス加工風に見えるように工作します。


Dsc09707_2Dsc09708_2 仮組みしてみるとチラチラ見えますが、大きく変化するほどでは有りませんでした。配線を追加するのも良いですが、そのまま組んで丁寧に塗り分けをする方が模型としての見栄えが良くなるようです。

« モケモケ展示会。 6/6 | トップページ | ハセガワ 1/32 雷電 製作記 その3 6/13 »

ハセガワ 1/32 雷電」カテゴリの記事

コメント

店長、こんにちは。せっかくの配線が見えなくなっちゃいましたね。でも、飛行機のコクピットなんてそんなもの、モデラー自身が楽しければそれでいいんですよね。

例の座席の後ろのひもですが、あれゴムひもです。要は座席をゴムひもで吊ってサスペンションにしているんですね。カラーのイラストなんかを見ると白い色で塗られています。パンツのゴムひもと一緒なんでしょうかね。しょぼく見えますが、軽量化にはナイスアイディアですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハセガワ 1/32 雷電 製作記 その2 6/8:

« モケモケ展示会。 6/6 | トップページ | ハセガワ 1/32 雷電 製作記 その3 6/13 »

2023年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ