« タミヤ 1/48 ボーファイター 製作記 その9 4/22 | トップページ | セイシローさんのフィギュア。 4/27 »

2015年4月25日 (土)

タミヤ 1/48 ボーファイター 製作記 その10 完成 4/25

Dsc08828_2 ここまできたら、後は小物の接着をして完成です。
さすがタミヤ、主脚はガッチリ位置が決まります。脚カバーを付Dsc08831_2けて足回りは完成です。が・・、脚カバーの汚しを忘れていました。

Dsc08829_2 プロペラもハゲチョロを施します。先端ほどスピードが速くなるので先に行くほどハゲを多くします。根元には油汚れを連想させる茶系の汚しを入れておきます。




Dsc08830_2 ロケット弾のランチャーレールは下面がツルツルですが、当時の写真にレールらしき物が見える写真があったので、0.5mm幅のプラストライプでそれらしく追加工作してあります。
 アンテナ、ピトー管を付けたら完成です。


Dsc08872_2 実機については、ネットで少し調べた程度で画像も博物館に展示してあるものが主でした。アフターパーツは排気管をレジン製に交換した(これは譲れませんでした)だけです。
 リベット打ちの実験はほぼ満足のできる結果でしたが、ヒートペンでペコつきを表現するのはイマイチの結果で、まだまだ修行が必要のようです。ほぼ一ヶ月で完成にこぎつけました。やっぱりタミヤ製は作り易いです。

Dsc08875_2Dsc08876_2Dsc08877_2Dsc08885_2



Dsc08878_2_3Dsc08879_2_3Dsc08880_2_2Dsc08882_2_2Dsc08881_2_2



Dsc08892_2Dsc08883_2Dsc08886_2Dsc08889_2



Dsc08887_2_3 Dsc08890_2Dsc08891_2



 主張しすぎないリベット表現はスミイレの色でコントロールすることが出来ますし、情報量が多くなるので間延びしそうな大き目の飛行機には大変有効な工作でした。

 いろいろ実験しつつサクッと完成したボーファイターでした。
おあとがよろしいようで それでは股。

« タミヤ 1/48 ボーファイター 製作記 その9 4/22 | トップページ | セイシローさんのフィギュア。 4/27 »

タミヤ 1/48 ブリストル・ボーファイター TF.Mk。X」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タミヤ 1/48 ボーファイター 製作記 その10 完成 4/25:

« タミヤ 1/48 ボーファイター 製作記 その9 4/22 | トップページ | セイシローさんのフィギュア。 4/27 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ