« ヨーデル 1/8 CBX1000 製作記 その15 3/7 | トップページ | ヨーデル 1/8 CBX1000 製作記 その17 完成 3/11 »

2015年3月 9日 (月)

ヨーデル 1/8 CBX1000 製作記 その16 3/9

Dsc07895_2_2 タンク、テールカウルのデカールが貼れたら、水性ウレタンクリアーでコートしてデカールを保護します。
実験的に水性ウレタンクリアーを使っています。乾くとMr.カラーの薄め液では落ちず、ウレタン用のクリーナーが必要になります。エアブラシで吹くのはリスクが高いので全て筆塗りで行っていますが、手早く筆で垂れるまでたっぷり塗り、溜まった部分はティッシュで吸い取ります。
 十分な光沢が有り、研ぎ出しも可能ですが、ラッカーの塗装面に乗っているだけなのでペーパーを掛けである程度薄くなるとぺロッと剥離します。
メッキ調塗装の保護には有効ですが、使いどころを選びます。

Dsc08110_2 ここまでくると後は組み立てるだけです。
ハンドルバーは取り付け部分が緩かったので0.3mmプラ板を挟んで接着しました。クラッチ、ブレーキレバーは角度に気をつけて固定します。
ブレーキパイプ、アクセルワイヤーの取り回しを仮組みして長すぎる部分を微調整して固定してゆきます。


Dsc08121_2 ヘッドライトを固定してから最終的なケーブルの取り回しを決めて内部に引き込みます。
タンクが被さるので配線は端を折り曲げてフレームに引っ掛けてあるだけです。クラッチケーブルは少し細かったかナ・・・。


Dsc08122_2 前輪の軸からスピードメーターに繋がるケーブルも接着しました。
本当はフロントフェンダーに押さえが有りましたが作り忘れました。


Dsc08125_2 エンジンヘッドからタコメーターに繋がるケーブルも完了。
ケーブル類は太さ違いで3種類ほど使っています。どれも電飾をしていた時のリード線です。キット付属のビニールパイプはオーバースケールのものが多いので細めの物が何種類かあるととても重宝します。

Dsc08123_2 ケーブルの配線も終了して後はタンクとシート、テールカウルを載せる所までこぎつけました。

 次回で完成できると思います。

« ヨーデル 1/8 CBX1000 製作記 その15 3/7 | トップページ | ヨーデル 1/8 CBX1000 製作記 その17 完成 3/11 »

ヨーデル 1/8 CBX1000」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヨーデル 1/8 CBX1000 製作記 その16 3/9:

« ヨーデル 1/8 CBX1000 製作記 その15 3/7 | トップページ | ヨーデル 1/8 CBX1000 製作記 その17 完成 3/11 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ