« ハセガワ 1/24 サニートラック クローズアップ 11/8 | トップページ | バンダイ 1/1000 ガミラス艦載機 製作記 その2 11/11 »

2014年11月10日 (月)

バンダイ 1/1000 ガミラス艦載機 製作記 その1 11/10

Dsc06510_2_2 11月のモケモケ展示会はフリー展示の月ですが、裏メニューで ’ヤマト2199祭り ’です。
ヤマト2199のキットは巷ではLED電飾をしないといけない風潮で、知識が無ければそれで済みますが、LED電飾をかじってしまった身には避けて通れないイバラの道です。やりたいこと、試してみたいことはいろいろ有りますが時間的に無理があるので、苦肉の策としてガミラス三段空母の艦載機を作ります。
 いずれ三段空母3隻は作りたいですし、ちっこい艦載機が飛行甲板にずらっと並んでいるのは空母の醍醐味です。

 空母を作るとそれだけで力を使い果たして艦載機まで手が回らないなら先に3隻分を一気に作ります。
・・・・が、しかし、バルグレイ搭載 空間艦上戦闘機 デバッケ 63機、ランベア搭載 空間艦上攻撃機 スヌーカ 63機、シュデルグ搭載 空間艦上雷撃機 ドルシーラ 36機はかなりの物量です。

Dsc06512_2_2 ただ作るのでは芸が無いので、組み立て説明書のイラスト、塗装図とオマケのメカコレサイズの説明と、某サイトの雑誌作例を参考にデテールアップも行います。
Dsc06513_2Dsc06514_2Dsc06515_2




 小さい(2~3cm)クセにスジボリはカッチリ入っていますが、さすがにこのサイズではディテールは抜きの関係もあって省略、一体化されています。そのおかげで似ているけど似ていない中途半端感があります。スマートな機体なのに無理に再現したアンテナ類がぶち壊しています。
Dsc06291_2 空間戦闘機 デバッケの右がキットのまま、左がアンテナ類をデザインナイフで尖らせたものです。
一番スマートな形のはずですが、成型の限界なのか機首のアンテナが大きすぎてイメージが変わっています。数が多いのでなるべく最小限のディテールアップで済ませたいのですが、シャープになったもののスマートとはいい難い・・・・。


Dsc06433_2_2 結局、機首の外側アンテナは削って伸ばしランナーに置き換えました × 63機。主翼もプラの厚みが凄いのですが機体下面にもモールドちゃんと入っているのでコレが限界のようです。
 キットのままの機首内側のアンテナと主翼の厚みが気になりますが、とりあえずこれでヨシとします。

« ハセガワ 1/24 サニートラック クローズアップ 11/8 | トップページ | バンダイ 1/1000 ガミラス艦載機 製作記 その2 11/11 »

バンダイ 1/1000 ガミラス艦載機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バンダイ 1/1000 ガミラス艦載機 製作記 その1 11/10:

« ハセガワ 1/24 サニートラック クローズアップ 11/8 | トップページ | バンダイ 1/1000 ガミラス艦載機 製作記 その2 11/11 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ