« バンダイ 1/72 コスモファルコン 製作記 その4 9/14 | トップページ | バンダイ 1/72 コスモファルコン 製作記 その6 9/23 »

2013年9月18日 (水)

バンダイ 1/72 コスモファルコン 製作記 その5 9/18

 泣きごと言わないで手を動かしています。
Dsc08750_2 ウェポンベイは開閉をパーツ差し替えで表現していますが閉のパーツをセットすると若干沈み込みます。0.3mmのプラ板では厚すぎて若干出っ張ります。いろいろ試した結果、0.14mm厚のプラストライプを2枚重ねで接着して、ちょうど面一になりました。

 
Dsc08323_2 しかし、ウェポンベイ(閉)は外す時に奥で多少引っかかりが有り、反対側をベシベシ叩かないと外れてくれません。完成してから叩くのはためらわれますし、引っかかりを削ってしまうとユルユルになって保持してくれません。
 ここで登場するのが、100均で買った、ネオジム磁石です。

Dsc08624_2_2 ネオジム磁石は強力なので、ウェポンベイの蓋側に仕込んでおいて、取り外しはプラ棒に固定した磁石で取り外します。プラの厚みを通しても十分にくっ付いてきます。
 100均では直径6mmが一番小さかったですが大きい物は何種類か有り、今後、1/48飛行機のスタンドへの固定に挑戦します。コレなら機体に穴を開けなくても済みそうです。

Dsc08326_2Dsc08328_2 ベクタードノズルは、皆さん難儀しているようで、隙間が開いて軸が見えてしまいます。個人的に可動のメリットをあまり感じられない部分です。

Dsc08327_2 ならば軸を切り飛ばしてしまいます。固定できなくなるので裏面にプラ板を張ってつなげてしまいます。一番後ろのみ固定用として残しておけば十分です。


Dsc08330_2 下面の垂直尾翼の前縁も別パーツなのでよく擦り合わせて隙間の無いように調整して接着しました。


Dsc08329_2 機首下面の機銃用の溝はえぐり込みが少なく感じたのでデザインナイフでえぐって、針ヤスリで整えました。ついでに機銃のはまる開口部分もデザインナイフで薄々攻撃しておきました。


Dsc08622_2 おバカ工作です。設定資料を見ると、主翼、上下垂直尾翼のフラップ類は2枚合わせで厚みが有り(なまくら後縁 とあります)、エアブレーキとしても使うようです。この隙間を再現してみました。本当はここまでするつもりではありませんでしたが、他の人がやっているのを見てつい・・、意外と出来るものですネ。

Dsc08623_2 幅0.5mmぐらい部分にカッターナイフで当たりを付けて徐々に掘り進みます。ある程度の深さになったら0.1mm厚のエッチングノコで均一にします。これでは溝の幅が足りないのでデザインナイフの刃先で徐々に削って幅を広げます。実際には、強度の問題もあるので、少し厚めで寸止めしてあります。

« バンダイ 1/72 コスモファルコン 製作記 その4 9/14 | トップページ | バンダイ 1/72 コスモファルコン 製作記 その6 9/23 »

バンダイ 1/72 コスモファルコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バンダイ 1/72 コスモファルコン 製作記 その5 9/18:

« バンダイ 1/72 コスモファルコン 製作記 その4 9/14 | トップページ | バンダイ 1/72 コスモファルコン 製作記 その6 9/23 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ