« グンゼ 1/35 3号突撃砲 G型 後期型 製作記 その23 8/23 | トップページ | グンゼ 1/35 3号突撃砲 G型 後期型 製作記 その25 8/29 »

2013年8月26日 (月)

グンゼ 1/35 3号突撃砲 G型 後期型 製作記 その24 8/26

Dsc08155_2 車体下部の泥汚れが終わったら転輪の泥汚れです。
車体下部用で作った泥は固まりつつありますので、少し水を加えて車体底面に塗って使い切ってしまいました。先ほどと同様に新たに泥の素を作って作業再開です。

 
Dsc08157_2Dsc08158_2 転輪、誘導輪、起動輪に固めの泥をこすり付けるように盛ります。状況にもよりますが、今回は全体にではなく、部分的に泥が付いたようにランダムに盛ってあります。転輪のいちばん前と後ろは裏側にも泥を塗っておきました。チラッと見えたとき対策です。

Dsc08159_2 起動輪も同様に泥を盛ります。内側に泥が溜まっているようにグリグリ塗り込みます。泥に混ぜた草 が所々顔を出してなかなか良い感じです。


Dsc08175_2_2 履帯の窪みにも湿った泥が詰まったようにします。
使えなくなった筆で適量を押し込みつつ、滑り止めに付いたら指でぬぐっておきます。ここでも混ぜた草がチラリと見えて良い感じに仕上がっています。


Dsc08180_2Dsc08183_2 履帯の上側はフェンダーの隙間から見える部分のみ泥を詰めてあります。前方、後方から見える部分はしっかり汚して有りますが、接地している裏側は、見えないので汚していません。


 このような泥汚しをするのは初めてで、参考にしているモデラーズガイドと首っ引きで作業しましたが、やってみればスムーズに作業できました。
最大の難所と思っていた部分が、意外とすんなり済んでしまいました、後は小物の取り付けと少しの汚しの追加で完成のはずです。

« グンゼ 1/35 3号突撃砲 G型 後期型 製作記 その23 8/23 | トップページ | グンゼ 1/35 3号突撃砲 G型 後期型 製作記 その25 8/29 »

グンゼ 1/35 3号突撃砲 G型 後期型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グンゼ 1/35 3号突撃砲 G型 後期型 製作記 その24 8/26:

« グンゼ 1/35 3号突撃砲 G型 後期型 製作記 その23 8/23 | トップページ | グンゼ 1/35 3号突撃砲 G型 後期型 製作記 その25 8/29 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ