« グンゼ 1/35 3号突撃砲 G型 後期型 製作記 その16 7/29 | トップページ | モケモケ展示会 8/1 »

2013年7月31日 (水)

グンゼ 1/35 3号突撃砲 G型 後期型 製作記 その17 7/31

Dsc07315_2_3 ヘアスプレーでマダラになった部分はそのままにして迷彩塗装をしてしまいます。後期のグリーンが多めの迷彩をイメージしていますが、参考になるパターンの資料を持っていないので、組み立て説明書のぱたーんを参考にしながらまずダークグリーンから塗っています。
 本当なら迷彩色はガイアノーツのドイツ軍後期迷彩色セットを使えばよいのですが持っていませんでした。手持ちのアクリル塗料から何となく良さげな色を選んでいます。ラッカー系ではなくアクリル系から選んでのはヘアスプレー剥がしをし易くするためです。

Dsc07317_2Dsc07314_2 タミヤのアクリル XF-26 ディープグリーンにXF-59 デザートイエローを混ぜています。彩度は下がりますが、明度を上げつつ下地のダークイエローと相性が良くなります。水性アクリル塗料ですが、ガイアノーツのラッカー用薄め液で希釈しています。水性のままだと細吹きするときにノズルに詰まる感じで上手く吹けませんでした。ラッカー用薄め液で希釈すると多少詰まり感が解消されました。

Dsc07316_2 迷彩は最初に薄めた塗料で大まかなパターンを筆で書き込んでおいて、それに沿って薄めにエアブラシで吹いています。後は内側を塗ってゆきますが、均一に塗りつぶさずにムラをつけて塗ってゆきます。このムラが後でウォッシング等をしたときに退色表現の助けになることを期待しています。

Dsc07318_2 レッドブラウンは、タミヤアクリルのXF-9 ハルレッドにXF-59 デザートイエローを混ぜています。こちらもラッカー系溶剤で薄めています。 


Dsc07319_2Dsc07320_2Dsc07321_2Dsc07322_2



 迷彩完了っ!、と言いたい所ですが、何かイメージと違います・・。後期のグリーン多めと言いつつブラウンが多めになってしまいました。塗り直す時間も無いのでここからグリーン多めに修正してゆきます。転ばぬ先の杖、まずはよく眺めてどこにグリーンを足して行くか考えます。

Dsc07334_2Dsc07335_2Dsc07338_2Dsc07339_2



 で、こうなりました。側面はグリーンの面積がかなり増えています。
三色迷彩は苦手と言うか、経験値が足りないので、まだまだ試行錯誤しながら手探り状態です。まだまだ修行が足りないと痛感しました。

« グンゼ 1/35 3号突撃砲 G型 後期型 製作記 その16 7/29 | トップページ | モケモケ展示会 8/1 »

グンゼ 1/35 3号突撃砲 G型 後期型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グンゼ 1/35 3号突撃砲 G型 後期型 製作記 その17 7/31:

« グンゼ 1/35 3号突撃砲 G型 後期型 製作記 その16 7/29 | トップページ | モケモケ展示会 8/1 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ