« モケモケ展示会。 4/3 | トップページ | ハセガワ 1/48 F-8E クルセイダー 製作記 その23 4/8 »

2013年4月 4日 (木)

ハセガワ/48 F-8E クルセイダー 製作記 その22 4/4

Dsc04237_2 機首の赤が塗れたのでマスキングをして機体上面色を塗ってしまいます。
指定通りMr.カラー315番を塗りますがその前に境界線をマスキングします。ダイソーで買った幅6mmの両面テープで適度な長さのコヨリを作って境界線から1mm引っ込めて貼ってゆきます。ボケ幅の広い塗り分けがしたい時は、12mmの両面テープで太目のコヨリを作って調節します。

Dsc04239_2Dsc04238_2 両面テープのコヨリから1mmほど飛び出すようにマスキングテープを貼ってゆきます。幅が広いと曲線になじみ難いので幅5mmほどのテープを貼ってから全体をマスキングしてゆきます。マスキングテープはタミヤの18mm幅を使っていますが、必要に応じて適度な幅に切り出しています。
 大きい面積をマスキングするときは、安いマスキングテープを使っていましたが、古くなってノリ残りが激しく、使いにくいので今回はタミヤオンリーでマスキングです。当然、使える物は2度、3度と使います。
Dsc04366_2 マスキングもらしが無いか確認して、315番を吹いてゆきます。
いつものように塗料は2.5倍よりちょっと薄めに希釈してザラザラにならないようにしています。明るいグレーなのでなかなか発色してくれませんが、根気良く何回も吹きます。


Dsc04367_2Dsc04368_2 ほぼ塗り終えました。マスキングてーぷ、マスキングゾルの色が見えなくなるのを目安としました。
 マスキングの境界はなるべく垂直方向から吹くようにします。これでボケ幅が一定になるはずです。

Dsc04369_2 ボケ幅がどういう風になっているのか気になるので少しめくってみました。
いい感じでタイトなボケ幅になっています。全体がこんな感じでいてくれると嬉しいのですが、多分そんなに甘くないはずです。失敗をいかにごまかすかが醍醐味です。

« モケモケ展示会。 4/3 | トップページ | ハセガワ 1/48 F-8E クルセイダー 製作記 その23 4/8 »

ハセガワ 1/48 F-8E クルセイダー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハセガワ/48 F-8E クルセイダー 製作記 その22 4/4:

« モケモケ展示会。 4/3 | トップページ | ハセガワ 1/48 F-8E クルセイダー 製作記 その23 4/8 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ