« ハセガワ 1/48 F-8E クルセイダー 製作記 その3 12/19 | トップページ | モケモケ展示会。 1/4 »

2012年12月26日 (水)

ハセガワ 1/48 F-8E クルセイダー 製作記 その4 12/26

Dsc01925_2 さすが12月、クルセイダーに触れる時間がなかなか取れません。各メーカが12月に新製品、再生産品を集中させています。ここまで触れないとフラストレーション アップ、モチベーション ダウンです。しかし、途中放置する訳にもいかないので、カタツムリの様に地味な作業が続きます。
 機首インテークは胴体の片側に接着してしまいます。片側だけですがインテーク内側の接着跡をペーパー、スポンジペーパーで消しておきます。場所が狭いだけにすごく面倒です。

Dsc02006_2 前脚収納庫はインテークと一体になっています。インテークの内部を白く塗ったついでに塗ってありましたので、AKインタラクティブ AK024 ダークストレーキンググライムでスミイレをしてみました。本来はグリーン系塗装の戦車用雨だれ表現塗料ですが、飛行機用スミイレ塗料としても十分使えます。面相筆でビンより直接使いましたが、ちょうど良い濃さで普通に使えました。
Dsc02008_2 主脚収納庫も片側だけ接着してしまいました。同じくAK塗料でスミイレしました。いったん乾燥させてからぺトロールを浸けた綿棒、面相筆で拭き取りましたが、拭き取った跡にうっすら茶色が残り、使い込んで汚れた感じが出て、なかなか良い感じに仕上がりました。


Dsc02046_2 計器板は仮組してみると、奥まっていてよく見えません。キャノピーは閉めて製作予定なのでデカールで十分だと判断しました。マークソフターでしっかり密着させます。照準記のモールドはガラス面を含めてゴツすきると思ったので、フレームはジャンクのエッチングからでっち上げます。ガラス面はブリスターパックの塩ビから切り出します。

« ハセガワ 1/48 F-8E クルセイダー 製作記 その3 12/19 | トップページ | モケモケ展示会。 1/4 »

ハセガワ 1/48 F-8E クルセイダー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハセガワ 1/48 F-8E クルセイダー 製作記 その4 12/26:

« ハセガワ 1/48 F-8E クルセイダー 製作記 その3 12/19 | トップページ | モケモケ展示会。 1/4 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ