« ハセガワ 1/200 B-787 製作記 その6 7/9 | トップページ | ハセガワ 1/200B-787 製作記 その8 7/12 »

2012年7月11日 (水)

ハセガワ 1/200 B-787 製作記 その7 7/11

Boeing_787_13_of_67_2_3Boeing_787_43_of_67_2Boeing_787_66_of_67_2Rimg0349s_2_2Thumb5_2






 シルバーで塗装する、主翼前縁、水平尾翼前縁、エンジン関係の塗り分け、色味を確認する為にネット上で写真を漁ってきました。

Img_5399_2 あえて苦言を言うなら、ハセガワの塗装図は小さくて細かい部分が非常に解り難いです。お腹のグレーもそうですが、主翼前縁のシルバーと胴体の接する部分が曖昧で大体の位置で塗装しましたが、後でデカールを貼る時に大きく影響してきました。ここの位置はデカールを貼る時に非常に重要でシビアな部分なのでもう少し配慮して欲しかった部分でした。
 Mr.カラー8番のシルバーで塗装の前に下地をツヤあり黒で塗装しています。

Img_5400_2Img_5401_2 垂直尾翼とエンジンハンガーの部分もシルバー塗装します。エンジンハンガーの一部は金属の色が違っていますのでスーパーメタリックSM05チタンで塗装しています。


Img_5402_2Img_5403_2 エンジンナセル前縁は金属地ではなくシルバー塗装のようです。下地の黒を塗り忘れていましたが、そのままシルバーで塗装しますすすす・・!逆にマスキングをしていました。シルバーをひと吹きした瞬間に気が付きました。一旦乾燥させてからコンパウンドで磨いて削り落としました(大汗)。
Img_5407_2Img_5408_2 エンジンの後部カバーはシルバーの塗装指示ですが、実機写真では黒く見えます。下地の黒が見えるように薄くシルバーを吹きました。エンジンのファンブレードも下地の黒が生きるようにシルバーを軽く吹いています。

Img_5409_2 エンジン後部は、まずシルバーで塗装しますが、中央部分の材質が違うようでチタン色で塗っておきます。後端の部分は焼けて青く変色しているので、他の部分をマスキングして、クリアブルーをさらに重ねます。

« ハセガワ 1/200 B-787 製作記 その6 7/9 | トップページ | ハセガワ 1/200B-787 製作記 その8 7/12 »

ハセガワ 1/200 ボーイング787 ANA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハセガワ 1/200 B-787 製作記 その7 7/11:

« ハセガワ 1/200 B-787 製作記 その6 7/9 | トップページ | ハセガワ 1/200B-787 製作記 その8 7/12 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ