« ハセガワ 1/200 B-787 製作記 その14 7/28 | トップページ | ファインモールド 1/350 綾波 製作記 その1 8/1 »

2012年7月30日 (月)

ハセガワ 1/200 B-787 製作記 その15 完成 7/30

Img_5800_2 忘れていました。 
スジボリにコンパウンドが残っていました。せっかくの塗装を痛めないように、取り除きます。スジボリの幅に合わせて爪楊枝を尖らせて始めてみましたが、強度が足りず上手く取れませんでした。竹串を削って尖らせた物で何とか上手く取れました。竹串は硬いので優しくホジリました。

Img_5801_2Img_5802_2 エンジンポッドは既に組みあがり、接着剤を乾燥させてさせています。後はアンテナとエンジンを取り付けて完成です。アンテナはエッチングなので瞬着で固定しましたが、少しはみ出してしまいました。ナイフで削るわけにもいかず、ペーパーを当ててコンパウンドを掛けましたが、少し跡が残ってしまいました。

 ふィ~っ、なんとか完成です。
Img_5803_2Img_5805_2 バンダイのアクションベースは大きいので大変安定しています。これなら1/144用のひと回り小さいサイズでも十分かもしれません。機体との接続も十分な強度を確保しています。

Img_5806_2Img_5807_2Img_5811_2Img_5808_2Img_5812_2



Img_5815_2Img_5809_2Img_5810_2Img_5813_2



Img_5816_2Img_5820_2Img_5814_2 機首のセンサーが付く部分にメタルックを丸く切り抜いて張りました。センサー自体は小さすぎて省略しました。

 
 こういう機会でもないと旅客機は一生縁が無かったかもしれませんが、飾っておいて恥かしくないデスクトップモデルを目指してみました。
雑食モデラーの自分としては、こういう未経験のジャンルも作ってみるとけっこう楽しいでした。デカール貼りは、まだまだ修行が足りないのも良く判りましたが、デカールのクリアー研ぎ出しは、かなりの収穫が有りました。レベルがひとつ上がった感じです(最終目標はまだまだですが・・)。
 自分の場合、見たり聞いたりして知識として知っていても、やはり、手を動かして実際に経験してみないと、身に付いて経験値として蓄積できないようです。今回の経験値は、カーモデル、アイマス機、記念塗装機等を作るときに生きてくるはずです。

 モケモケは ちえのみをたべた レベルがひとつあがった。  うま・・、  かゆ・・。

 おあとが よろしいようで。

« ハセガワ 1/200 B-787 製作記 その14 7/28 | トップページ | ファインモールド 1/350 綾波 製作記 その1 8/1 »

ハセガワ 1/200 ボーイング787 ANA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハセガワ 1/200 B-787 製作記 その15 完成 7/30:

« ハセガワ 1/200 B-787 製作記 その14 7/28 | トップページ | ファインモールド 1/350 綾波 製作記 その1 8/1 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ