« ハセガワ 1/200 B-787 製作記 その10 7/18 | トップページ | ハセガワ1/200 B-787 製作記 その12 7/23 »

2012年7月21日 (土)

ハセガワ 1/200 B-787 製作記 その11 7/21

Img_5571_2 デカール貼り、リタッチが済んでもう一度チェックしたら、クリアー吹きに入ります。以前は薄めのクリアーを何回も吹いていましたが、時間が掛かるのとホコリが付きやすいのが難点でした。
 今回は雑誌等で良く見かける、最初は濃い目のクリアーを使い厚みを稼いでおいて薄めで仕上げる方法を試して見ます。

Img_5572_2 クリアーを吹く前にレジンで複製しておいた背中のアンテナ(?)を接着しておきます。多少緩くても上からクリアーをたっぷり乗せるので問題無いでしょう。



Img_5570_2 全体に研ぎ出しをする予定ですが、デカール部分は二重貼りしている部分もあるのでしっかりクリアーを乗せてゆきます。しかし、最初にたっぷり吹くとデカールに悪影響が出そうなので、濃い目の2倍に薄めたクリアーを砂吹きします。デカールの段差の部分を中心に吹きます。砂吹きと言うだけあって、ザラザラになってゆきます。

Img_5573_2 デカール部分を中心に全体にクリアーが乗ったら、本吹きに入ります。通常の濃さ(約2.5倍)に薄めたクリアーを全体に乗せてゆきます。デカールの段差はそう簡単に無くなりませんが、クリアーを吹いている時点では十分な厚さなのか判りませんので少々厚めに吹いてしまうのはしょうがありません。この按配はもっと経験値を上げないといけないようです。

Img_5597_2 とりあえず、自分的には、たっぷりクリアーを吹いたはずなので乾燥させます。最低7日できれば10日はこのままじっと我慢です。

« ハセガワ 1/200 B-787 製作記 その10 7/18 | トップページ | ハセガワ1/200 B-787 製作記 その12 7/23 »

ハセガワ 1/200 ボーイング787 ANA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハセガワ 1/200 B-787 製作記 その11 7/21:

« ハセガワ 1/200 B-787 製作記 その10 7/18 | トップページ | ハセガワ1/200 B-787 製作記 その12 7/23 »

2019年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ