« ハセガワ 1/200 B-787 製作記 その3 6/28 | トップページ | モケモケ展示会 6月は フリー展示 。 »

2012年7月 2日 (月)

ハセガワ 1/200 B-787 ANA 製作記 その4 7/2

Img_5109_2Img_5110_2 ここまで来たら胴体と主翼を接着してしまいます。
ハメ合わせが少々きついですが、ほぼピッタリ収まります。上面に少々隙間が出来るのでマスキングテープで引っ張って乾燥させます。

Img_5112_2Img_5113_2合せ目が消しきれていなかった部分とヒケを発見。
尾翼周辺はペーパーが掛けにくいですが、変な所を削ってしまわないように注意しながらペーパーを当てます。胴体内の隔壁が有る部分の外側にはやはりヒケが出ていました。注意深く見ないと解らないレベルでしたが、ツヤあり塗装では目立ちそうなので黒い瞬着で埋めて均しておきました。

Img_5156_2 胴体と主翼が接着できたので、全体にサフを塗ります。
機体が白ベースなのですが、黒い瞬着をパテ代わりに使っているので一旦サフェーサーで表面の色を統一します。それと、合せ目の消し漏らしなどのチェックも兼ねています。


Img_5159_2Img_5160_2 サフェーサーは、最近良く使っている、ガイアノーツ サフェーサーEVO グレーです。粒子か細かくツヤ有り塗装のベースにも十分使用できます。 白の成型色は隙間が有っても良く判りませんが、チェックするといっぱい出てきます。

Img_5161_2Img_5158_2 主翼、垂直尾翼の張り合わせた部分の隙間が埋めきれていませんでした。胴体の合せ目消しで浅くなったスジボリが浅くなった部分を掘りなおした所も乱れていたので、埋めて彫り直しです。


Img_5162_2Img_5163_2 水平尾翼の張り合わせた部分も合せ目を消し忘れていました。あちこち埋め直しの部分が出てきましたが、埋めて均したら、再度サフェーサーを吹いておきます。この段階でできてしまえば後は安心して塗装できます。

« ハセガワ 1/200 B-787 製作記 その3 6/28 | トップページ | モケモケ展示会 6月は フリー展示 。 »

ハセガワ 1/200 ボーイング787 ANA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハセガワ 1/200 B-787 ANA 製作記 その4 7/2:

« ハセガワ 1/200 B-787 製作記 その3 6/28 | トップページ | モケモケ展示会 6月は フリー展示 。 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ