« イースタンエクスプレス 1/35 KV-85 製作記 その16 6/4 | トップページ | イースタンエクスプレス 1/35 KV-85 製作記 その18 完成 6/9 »

2012年6月 7日 (木)

イースタンエクスプレス 1/35 KV-85 製作記 その17 6/7

 随分長い製作記になってしまいましたが、戦車の汚しは際限が無く、自分の中で完成のイメージがはっきりしていないと、無限地獄にはまってしまいます。そろそろケリを付けないといけません。
Img_4579_2_2  砲塔にアクリル落しを施しました。
鋳造肌にどれ位残るのかわからないのでフラットアースを軽く吹いた状態で一度落としてみます。アルコールでが蒸発するまではどれ位落ちているかは判らないのでドキドキです。幸いアルコールはすぐに蒸発しますし、もう少し落としたい時は、再度アルコールを含ませた筆で擦ってやれば落とせます。
 オオッ!、なかなか良い感じです。東ヨーロッパの土の色がどんな色か不明ですが(グーグルマップで調べれば済む事ですが)、雑誌の作例を見るとだいたい、フラットアース~茶系なので当たらずしも遠からず と言う事にします。

 
Img_4580_2Img_4578_2 砲塔の反対側です。落としすぎた部分は、再度フラットアースを吹いて落としています。
前部フェンダーは、内側の角にデザインナイフで切れ込みを入れて板が重なっている風の表現を追加してあります。

Img_4577_2 エンジンデッキなどの平面にアルコール落しをすると、乾燥するときにシミが残ります。何とかシミが残らない方法が無い物かといろいろ試してみましたが、どうやら多かれ少なかれシミは残ってしまうものの様です。残ってしまうなら何回か重ねて汚しの一部として誤魔化してしまいます。

Img_4814_2_2 最後まで塗っていなかったハッチの裏です。乗せるフィギュアが無いのですが、将来乗せるかもしれないので、ドイツ軍のインテリアカラー(自家調合)を筆塗りしておきました。



Img_4816_2_3Img_4817_2_3 フェンダー上の燃料タンクにオイルシミを入れました。エンジンデッキの点検ハッチ周辺にも同様にしました。厳密には燃料とエンジンオイルは違いますが雰囲気と言うことで。
 フェンダー上の汚れを重ねるとだんだんメリハリが無くなって来るので、再度スミイレをしたり、フェンダー、砲塔に極少量バフを筆で置いてアルコールでのばしてみたりしています。汚しに関して迷路にはまってしまったようです。

« イースタンエクスプレス 1/35 KV-85 製作記 その16 6/4 | トップページ | イースタンエクスプレス 1/35 KV-85 製作記 その18 完成 6/9 »

イースタン エクスプレス 1/35 KV-85」カテゴリの記事

コメント

店長さん、こんにちは!

KV-85 かなりいい感じですね~、早く完成品が見たいです。

(しかし気がついたら、この製作記も その17 になるんですね…)

 戸塚さん、こんにちは。
ちびちび進めていたらこんなに長くなってしまいました。
サクッといくつもりだったのに・・、次回で完結します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1493530/45563805

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンエクスプレス 1/35 KV-85 製作記 その17 6/7:

« イースタンエクスプレス 1/35 KV-85 製作記 その16 6/4 | トップページ | イースタンエクスプレス 1/35 KV-85 製作記 その18 完成 6/9 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ