« バンダイ MG ガンダム AGE-1 ノーマル 製作記 その6 4/9 | トップページ | バンダイ MG ガンダムAGE-1 ノーマル 製作記 その8 4/14 »

2012年4月11日 (水)

バンダイ MG ガンダムAGE-1 ノーマル 製作記 その7 4/11

 先日お知らせしたように、明日4月12日(木)は臨時休業となりますのでご了承下さい。

Img_3587_2 フレームパーツにAKでスミイレしてゆきます。
どんどんスミイレして一旦乾燥させてから拭き取りします。AKの顔料は微粒子で発色が良いので綺麗に拭き取ったつもりでも後で良く見ると、薄っすら残っていることが多く、綿棒が汚れてくると再度色移りをするので綿棒は頻繁に交換したほうが良さそうです。

Img_3503_2_2 数が多くて大変ですが、本塗装も順調に進んでいます。
乾燥が済んだ物は、無くさないように一旦集めておきます。


Img_3586_2_2 白パーツ塗装が終了。これさえ済めば後のパーツは数的にはたいした事はありません。あっという間に終わります。元のプラの色に対してかなり淡い色調で塗装しているのが判ります。調色自体はイメージ通りでしたが、組んでみるとまた違って見えるのでしょうか?ドキドキです。

Img_3588_2 白パーツにスミイレしてゆきます。フレームの時と同じように一旦乾燥させるので、とりあえずスミイレする所にどんどん色を置いてゆきます。
 数が多いので、これまた大変です。時間が掛かります。

Img_3613_2 途中でシールドのパーツを仮組みしてみると、白とブルーのパーツに裏面に露出する部分が有りました。表しか塗っていなかったのでここだけ追加塗装しました。良く見ると、シールドの裏面には肉抜き部分が有りました。モールドに見えない事もないですが、設定資料を見ると面一なので肉抜き穴でした。無視するか、パテで埋めて再塗装か・・・悩みます。

Img_3618_2 白いパーツにスミイレして拭き取ると、こんな感じになります。
濃い色で強めにスミイレしているので非常にくっきりした印象になりました。この辺は狙い通りです。

« バンダイ MG ガンダム AGE-1 ノーマル 製作記 その6 4/9 | トップページ | バンダイ MG ガンダムAGE-1 ノーマル 製作記 その8 4/14 »

MG ガンダムAGE-1 ノーマル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バンダイ MG ガンダムAGE-1 ノーマル 製作記 その7 4/11:

« バンダイ MG ガンダム AGE-1 ノーマル 製作記 その6 4/9 | トップページ | バンダイ MG ガンダムAGE-1 ノーマル 製作記 その8 4/14 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ