« ハセガワ 1/72 サンタ・クルス 製作記 その2 3/5 | トップページ | ハセガワ 1/72 サンタ・クルス 製作記 その4 3/8 »

2012年3月 7日 (水)

ハセガワ 1/72 サンタ・クルス 製作記 その3 3/7

Img_3112_2

 飛行機模型の常として、コクピットを最初に作ります。コクピットフロアー、計器板、座席はランナーに付いている状態で機内色を塗ってあるので切り離して組み立てるだけです。ランナーの跡はデザインナイフで削って均しておきますが、見えない部分ならリタッチせずにそのままにしてあります。

Img_3117_2_2 コクピット内の小部品も同様に、ランナーに付いたまま塗装しています。パーツが小さいので飛ばしてどこかにいってしまう事もありません。

Img_3117_2_3 コクピットはこんな感じで。計器板はクレオスのマークソフターで密着させておきました。後席の機銃はお姫様の顔のまん前にあるので邪魔ですが動かせないので、お姫様の位置を少しずらして、ピットマルチで固定してあります。


Img_3118_2 機体内部の塗装はこんな感じで。明るいグレーでドライブラシしましたが、コクピットを組み込むとほとんど見えませんでした。内部に着くパーツも先に接着してしまいます。
 このキットはパーツの位置が決め易いように大き目のダボが用意されていますが、表面のヒケはほとんど有りませんでした。ちょうど良い大きさのダボでカッチリと位置が決まりました。
Img_3142_2Img_3143_2 コクピットを仮組みしてみるとこんな感じになります。
胴体の合いも良好、変な段差も有りませんでした。このまま接着してもいいくらいです。


Img_3061_2_2 主翼の上下も張り合わせてしまいますが、先端の方が少し浮き気味になります。良く見ると、押し出しピンの跡のめくれが干渉しているようです。320番のペーパーで擦ってざっと削ると、しっくり収まるようになりました。ずれないように気を付けながら流し込み接着剤で接着して一晩置きます。

« ハセガワ 1/72 サンタ・クルス 製作記 その2 3/5 | トップページ | ハセガワ 1/72 サンタ・クルス 製作記 その4 3/8 »

ハセガワ 1/72 サンタ・クルス とある飛空士への追憶」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハセガワ 1/72 サンタ・クルス 製作記 その3 3/7:

« ハセガワ 1/72 サンタ・クルス 製作記 その2 3/5 | トップページ | ハセガワ 1/72 サンタ・クルス 製作記 その4 3/8 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ