« モケモケ展示会 11月は ’F-16 ’ 12/1 | トップページ | タミヤ 1/35 Sd.kfz.232 8輪重装甲車 製作記 その4 12/5 »

2011年12月 3日 (土)

タミヤ 1/35 Sd.Kfz.232 8輪重装甲車 製作記 その3 12/3

Img_1476_2 チマチマとした追加工作で時間が過ぎます。
いろいろなサイトをまわって製作の参考にしています。で、アンテナの基部にこの様なループ状のパーツが省略されているようなので追加しておきました。ただの伸ばしランナーでした。

Img_1479_2Img_1481_2 ライトの遮光スリットはキットのモールドは大きすぎると思ったので、黒い瞬着で一度埋めて彫刻刀で開け直してあります。

Img_1477_2_2Img_1482_2_2 だいたいの物は接着してしまいました。
これで塗装に入れると思います。大きいアンテナは塗装のジャマになるので、外して別で塗装して後で接着します。


Img_1497_2 途中をすっ飛ばして基本塗装が終わっていますが、全体はMr.カラー13番 ニュートラルグレーのビン生ベタ塗りです。車体裏側、奥まった影になる所は40番ジャーマングレーで塗ってあります。
 ジャーマングレーの個人的なイメージでグリーンやブルーを微妙に感じる色が好みなので、Mr.カラー36番RLM74グレーグリーンと117番RLM76ライトブルーの2色を薄めてランダムに吹き付けて見ました。
Img_1498_2Img_1499_2Img_1502_2Img_1506_2




 微妙にグリーンとブルーを感じるようにニュートラルグレーの上に透ける様に薄く乗せる感じです。ジャーマングレー仕上げならもう少し濃いめでウォッシングで落ち着かせるのも有りですが、あくまで冬季迷彩の下地という事で今回はこれくらいで様子を見ます。

Img_1507_2Img_1511_2  下地の塗装が終わったので、一旦ツヤ有りクリアーで全体をコートしてスミ入れとデカールを貼ってしまいます。デカールは1941~42年のロシア戦線の第4機甲師団(国防軍)の物をチョイスしました。


 1日乾燥させて、もう一度デカール保護のためにツヤ有りクリアーを吹いたら、今回のメインの実験のヘアスプレー剥がし入ります。

« モケモケ展示会 11月は ’F-16 ’ 12/1 | トップページ | タミヤ 1/35 Sd.kfz.232 8輪重装甲車 製作記 その4 12/5 »

タミヤ 1/35 Sd.Kfz.232 8輪重装甲車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タミヤ 1/35 Sd.Kfz.232 8輪重装甲車 製作記 その3 12/3:

« モケモケ展示会 11月は ’F-16 ’ 12/1 | トップページ | タミヤ 1/35 Sd.kfz.232 8輪重装甲車 製作記 その4 12/5 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ