« ハセガワ 1/48 F-16Aプラス 製作記 その8 11/16 | トップページ | ハセガワ 1/48 F-16Aプラス 製作記 その10 11/21 »

2011年11月17日 (木)

ハセガワ 1/48 F-16Aプラス 製作記 その9 11/17

Img_1347_2Img_1343_2 楽しい スミ入れタイムです。
いつものように、水野式ウナギのタレを適度な濃さに薄めています。
薄め液はクサカベのペトロールを使っています。ペトロールはプラに優しいと言われていますが、所詮エナメル薄め液の親戚なので、W&N筆のNo.000でなるべくはみ出さないようにスミ入れしてゆきました。

Img_1344_2Img_1345_2 スミ入れするとグッと引き締まります。動翼部分は少し濃い目に入れておきました。
機体をツヤ消し気味にしたのでスミいれすると周りに滲んで広がります・・、乾く前にペトロールをつけた綿棒で擦って落としておきます。部分的にわざと残して汚れ表現にしてある部分も有りますが、明確な基準が有る訳では無く、気分とノリでやっているので参考になるかどうか?。

Img_1346_2 機体下面は明かる目なので汚し甲斐がありますが、上面は暗めなのであまり汚し甲斐が有りません。それでも、動翼部分などはしっかり入れしておきます。背中のパネルラインは実機ではあまり目立ちませんからスミ入れするか悩む所ですが模型的強調と言うことで控えめにスミ入れしておきます。

 スミ入れしつつ、はみ出した部分を拭き取ったり足したりしてパネルを強調して変化をつけています。主翼のリベットは目立ちすぎるのでスミ入れせず。その代わり、リベット間の汚れを薄っすらと書き込んでおきました。あくまでも薄く目立ちすぎないように。

« ハセガワ 1/48 F-16Aプラス 製作記 その8 11/16 | トップページ | ハセガワ 1/48 F-16Aプラス 製作記 その10 11/21 »

ハセガワ 1/48 F-16Aプラス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハセガワ 1/48 F-16Aプラス 製作記 その9 11/17:

« ハセガワ 1/48 F-16Aプラス 製作記 その8 11/16 | トップページ | ハセガワ 1/48 F-16Aプラス 製作記 その10 11/21 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ