« タミヤ 1/35 Sd.Kfz.232 8輪重装甲車 製作記 その1 11/28 | トップページ | モケモケ展示会 11月は ’F-16 ’ 12/1 »

2011年11月30日 (水)

タミヤ 1/35 Sd.kfz232 8輪重装甲車 製作記 その2 11/30

 時間が無いっ!、と言っているのに細かい所に手を入れて時間が過ぎてゆきます。

Img_1463_2 フェンダー上の箱には、それらしく止め具をエッチングで。
以前作った、ドラゴンのタイガーⅠのエッチングの余り物から使いました。フェンダー側面の四角い扉は小物入れらしいので、浅いスジ彫りを深くケガいていかにも開きそうにしました。
Img_1466_2 前部フェンダーに付く三角の物はオイル缶のようです。本来は、取り付けベースにベルトで固定されているようですが、今回はモールドの甘いベルトのみ鉛板で作り直してみました。

Img_1469_2 エンジンルームのハッチのヒンジには何故かリベット(ボルト?)が省略されています。他の部分を見てもモールドしてあるので、伸ばしランナーの輪切りで追加しておきます。キットのモールドは頭が尖っていますが、そこまで出来ないので平らでガマンです。

Img_1471_2 後部の牽引ワイヤーは、プラではイマイチなので手持ちの銅線をよじって自作しました(もう少し密によじった方がえかったかな?)。


Img_1472_2Img_1475_2 放蕩のハッチのヒンジにもリベットを追加。
前後のフェンダーをつなぐステップは見える部分を薄々攻撃。


Img_1465_2 フェンダーに載るジェリカンはキットの物はさすがに古いので、手持ちのストックから現在レベルの物に交換しました。フェンダーの取り付けラックもアルミ板から自作しました。ここのデイテールは箱絵が参考になりました、ただ、固定用のベルトの付き方が判らずここは想像で作っています。

 キットが古いので跳弾板、ハッチ類がことごとくブ厚いですがコレを直していると間に合わなくなるのでパスします。

« タミヤ 1/35 Sd.Kfz.232 8輪重装甲車 製作記 その1 11/28 | トップページ | モケモケ展示会 11月は ’F-16 ’ 12/1 »

タミヤ 1/35 Sd.Kfz.232 8輪重装甲車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タミヤ 1/35 Sd.kfz232 8輪重装甲車 製作記 その2 11/30:

« タミヤ 1/35 Sd.Kfz.232 8輪重装甲車 製作記 その1 11/28 | トップページ | モケモケ展示会 11月は ’F-16 ’ 12/1 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ