« ハセガワ 1/48 F-16Aプラス 製作記 その2 10/22 | トップページ | ハセガワ 1/48 F-16Aプラス 製作記 その3 10/27 »

2011年10月24日 (月)

タミヤ 1/48 A-10A 製作記 その9 10/24

 A-10Aの過去記事お引越しです。飛行機は ’士 ’の字になるまでの下ごしらえに時間が掛かりますが、塗装しだすと一気に進みだします。現在製作中のF-16も今は我慢の時、ここで焦ると納得できる物が出来ません。

Img_5892 なかなかペースが上がらないものの少しずつ進みつつ・・・。
モチベーションを上げるためにちょっと組んでみたり。
パテでまだらになっているのでサフを塗らなくてはいけません・・。本来、サフは吹かない派です。

Img_5919 サフを塗る前にキャノピーの枠の内側の色を暗めのグレーで塗っておきます。実機はツヤ消し黒っぽいですが、退色(汚れ?)で暗いグレーに
見えます。こうしておけばキャノピー越しに内側が見えても、それらしく見えます。

Img_5933_2Img_5934_2  サフはMr.カラーのビン入り白サフに少し黒を混ぜたライトグレーサフを薄めに溶いてザラつかせない様に満遍なく塗ってゆきました。
 サフを塗ると、あちこちにアラが見えてきます。スジ彫りが途中で切れていたり、パテ跡がヒケていたり・・・全て修正します。

Img_5935_2  修正も済んでやっと本塗装です。
A-10のグレー迷彩は各メーカー結構違う色を指定しています。
資料の実機写真とにらめっこしながら下面の明るいグレーはMr.カラーの306番、上面の暗いグレーは307番、下面のダミーキャノピーは305番が一番イメージに合いそうです。

Img_5936_2  塗りかけて??何か・・暗い・・、イメージはもう少し明るいのですが、と言うことで306番に白を混ぜて明るくします。必然307番ブルー味の有るグレーも明るくします。
 マスキングする時間が惜しい(単にメンドウとも言う)のでフリーハンドで塗り分けました。あちこちはみ出して修正に時間を取られます。

Img_5977_2Img_5978_2Img_5980_2Img_5979_2 




 機首下面のフェイクキャノピーを塗ったついでに306番を混ぜて機体の汚れ、塗装面の境を強調するように細吹きしました。汚しの本番はスミイレ兼ウォッシングで行いますが塗装でもそれらしく塗装しておくと、どんな効果があるのでしょう?結果が楽しみです。

 次ぎは、デカール貼りだっ!!

« ハセガワ 1/48 F-16Aプラス 製作記 その2 10/22 | トップページ | ハセガワ 1/48 F-16Aプラス 製作記 その3 10/27 »

タミヤ 1/48 A-10A」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タミヤ 1/48 A-10A 製作記 その9 10/24:

« ハセガワ 1/48 F-16Aプラス 製作記 その2 10/22 | トップページ | ハセガワ 1/48 F-16Aプラス 製作記 その3 10/27 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ