« 2012年 モケモケ展示会のお題決定 10/19 | トップページ | ハセガワ 1/48 F-16Aプラス 製作記 その2 10/22 »

2011年10月20日 (木)

タミヤ 1/48 A-10A 製作記 その8 10/20

 A-10Aの製作記も佳境に入ってきました。A-10本体も順調に(?)進んでいますが、搭載ウェポンを後回しにするとモチベーションが続かないので、途中の空いた時間に製作を進めておきます。

 ここで、モケモケ謹製の秘密兵器投入。
Img_5824 モケモケオリジナル 1/48AIRCRAFT WEAPON アクセサリー
GBU-10 PavewayⅡ レーザーガイド爆弾(3発入) ¥1000(税込)

 ワンフェスで販売しているものです。本来自分で使うために製作した物ですが、やっと出番がやって来ました。 レジンの再現性を生かして後部展開フィンが少し覗いているのも再現しています。

 
Img_5819 レジン製で成形状態はこんな感じです。
パーツは本体、フィン4枚、シーカーが1発分で、これが3セット入っています。
 レジンは常温、常圧、手流しなので若干の気泡、パーティングラインが出てしまいます。

Img_5820Img_5821Img_5823Img_5828




Img_5843 パーティングラインをペーパーで均し、気泡はナイフで抉ってパテ、瞬着等で埋めます。
 シーカー部分は、台から切り取って整形したら径1mmのドリルでジョイントの穴を開けます。このままでもOKですが、更に径2mmのドリルで広げて行くと写真のように中抜きにできます。

Img_5844 フィンをつける前にパイロンに真鍮線で軸を打って接続できるようにしておきます。
 フィンはゼリー状瞬着で位置決めした後サラサラ系瞬着でガッチリ固定します。レジンは瞬着と相性が良いのでこれでかなり丈夫に固定できます。

 
Img_5860Img_5869 塗装する前に洗浄、レジン用サフ吹きをするのが定番ですが省略して、Mr.カラー54番カーキグリーンで塗装しました。弾頭部分の茶色部分も塗り分けしたら基本塗装は終了です。


Img_5871_2Img_5876_2 ここからはこだわりの世界です。本体の注意書きは1/48飛行機デカールからそれらしい物をチョイス、フィンの片面に付く赤マーク、赤地の注意書きも飛行機デカールより選んでいます。後は半ツヤクリアーでコートしたらウォッシング、バフ系、グリーン系でドライブラシをしています。

 最後にシーカー部分の金(真鍮?)色と後部フィンのピボット部のクロームシルバーを塗ったら完成です。
 
Img_5881_2Img_5882_2  こだわりの秘密兵器 第二弾   
 モケモケオリジナル 1/48
CBU-87 クラスター爆弾(6発入)  ¥1200(税込) 
 こちらはワンフェスの完成見本用にたくさん作り過ぎた分から使用しまた。何回もワンフェスで展示しているので少々くたびれ気味ですが逆にいい味が出ています。

 GBU-10、CBU-87ともインジェクションでは再現不能な部分、フィンの薄さまで追求しましたが、その代償にレジン成形の失敗が非常に多く売り物になるのはかなり少ないと言うアマチュアディーラーならではのブツになってしまいました。

« 2012年 モケモケ展示会のお題決定 10/19 | トップページ | ハセガワ 1/48 F-16Aプラス 製作記 その2 10/22 »

タミヤ 1/48 A-10A」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タミヤ 1/48 A-10A 製作記 その8 10/20:

« 2012年 モケモケ展示会のお題決定 10/19 | トップページ | ハセガワ 1/48 F-16Aプラス 製作記 その2 10/22 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ