« タミヤ 1/48 A-10A 製作記 その2 9/22 | トップページ | タミヤ 1/48 A-10A 製作記 その3 9/26 »

2011年9月23日 (金)

ドラゴン 1/35 ZSU-23-4 シルカ 製作記 その8 完成 9/23

Img_0439_2Img_0440_2 アルコール落とし塗装もだいたい終わったので、細かい部分を足してゆきます。転輪の油漏れ染みを追加します。ハブから染み出したように加えます。色は、油彩のシャドウブラウンをそのまま使っています。


Img_0458_2 履帯のバフ色はなんとかイメージした感じまで落とすことが出来ました、あとは出っ張った部分を4Bの鉛筆で擦って金属っぽく、鈍く光らせます。



Img_0486_2Img_0490_2 車体に履帯をはめてみると、隙間から見える車体の奥まった部分がのっぺりして締りがありませんのでシャドウブラウンで汚れを書き込み、その上から固まった土汚れを追加します。
 アクリル塗料のバフにライオン歯磨き粉を混ぜて泥の素を作ります。

Img_0487_2Img_0488_2 奥まった部分に叩きつけるように塗ります。起動輪と誘導輪付近を中心に全体にムラをつけて塗ったら、アルコールで薄めたものを筆で弾いて飛ばし後部の泥はねを着けたら完成となります。

 

 ドラゴン ZSU-23-4 シルカ が完成しました。

Img_0491_2Img_0493_2Img_0494_2Img_0495_2



Img_0496_2_2Img_0497_2_2Img_0503_2Img_0510_2




Img_0500_2Img_0512_2




 古いキットで曖昧な部分も有り、実車の写真と較べるとディテールがもの足りない部分は多々有りますが、完成してみれば十分見応えが有ります。
 
 今回実験した、シリコーンバリア剥がし、アクリル塗料のアルコール落としも結果は良好で、今後のAFV、航空機の製作にどんどん取り入れていこうと思います。良い収穫でした。

 それでは股。

« タミヤ 1/48 A-10A 製作記 その2 9/22 | トップページ | タミヤ 1/48 A-10A 製作記 その3 9/26 »

ドラゴン 1/35 ZSU-23-4 シルカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« タミヤ 1/48 A-10A 製作記 その2 9/22 | トップページ | タミヤ 1/48 A-10A 製作記 その3 9/26 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ