« ハセガワ 1/32 雷電 クローズアップ 9/3 | トップページ | ドラゴン 1/35 ZSU-23-4 シルカ 製作記 その4 9/8 »

2011年9月 5日 (月)

ドラゴン 1/35 ZSU-23-4 シルカ 製作記 その3 9/5

Img_9762_2_2 車体も仮組みしながら進めてゆきます。転輪のゴム部分はパーティングラインを消しながらダメージ表現をきつめに入れておきました。転輪はロコ式で組む予定なので、アームにピットマルチを少量塗って仮止めしておきます。


Img_9766_2_2 履帯は汚す予定なので、薄刃ニッパーで切り出しただけでゲート処理もしていません。履帯の組み立ては未だに上手くなりません、我慢できずに早めに取り付けてポロポロ取れてきました。ウキーッとなりながら何とか組み付けました。こればかりは数をこなして経験値を上げるしか無いようです。

Img_9842_2 その他の部分も仮組みをしておきます。23mm機関砲は最大の見せ場ですが、取り付け位置が曖昧で何回も修正しました。取り説のイラストとパーツの形が違っていたり、嵌らないパーツがあるので、その都度実物の写真とにらめっこでした。

Img_9843_2 とりあえず、砲塔に組み込んでみようとすると・・入りません?。機関砲の回転軸が出っ張っていて引っかかっています(オーイこんなのあり?)。原因が判れば、切り飛ばして削ります。砲を外して内壁を組んでみますが、何かが当たって隙間が出来ます。仮組みを繰り返しながら、当たっている部分を削ります。
 Img_9844_2_2Img_9846_2_2
 彫刻刀を砲塔の中に突っ込んで当たっている部分をゴリゴリ削ります。ピッタリとはいきませんが、目立たない程度であればOKです。真面目にやりすぎると完成しません。なかなかトリッキーなキットです。


Img_9847_2 車体の上部と下部を合わせて見ると、一部が筒抜けになっています。合せ目にも大きな隙間が開きますが、筒抜け部分をプラ板で塞いだだけで隙間は目立たない位置なので放置しておきます。


Img_9883_2 組める物はどんどん組みます。レーダーのモールドは暴走して間違えていると思い込んで削り取ってしまいましたが、正しかったのでエバーグリーンのプラ材で再生してあります。ついでに、省略されているケーブル類を追加工作しました。

Img_9887_2Img_9888_2Img_9889_2Img_9890_2




 コネクターは1/35のジャンクパーツから、ケーブルはソフトワイヤーとストックの中からよさそうな物を選びました。厳密には違いますが、雰囲気はGoodでした。

« ハセガワ 1/32 雷電 クローズアップ 9/3 | トップページ | ドラゴン 1/35 ZSU-23-4 シルカ 製作記 その4 9/8 »

ドラゴン 1/35 ZSU-23-4 シルカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴン 1/35 ZSU-23-4 シルカ 製作記 その3 9/5:

« ハセガワ 1/32 雷電 クローズアップ 9/3 | トップページ | ドラゴン 1/35 ZSU-23-4 シルカ 製作記 その4 9/8 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ