« タミヤ 1/24 ポルシェ911カレラ 製作記 その5(終) 8/13 | トップページ | ドラゴン 1/35 ZSU-23-4 シルカ 製作記 その1 8/23 »

2011年8月15日 (月)

実験 黄ばんだデカールを元に戻すには・・・。 8/15

 過去掲載記事のお引越しです。2010年9月にプラモ日記に掲載した物ですが、再掲載にあたって加筆修正しています。

 製作したいリストの上位に常にありながら、なかなか出番の来ないF-4ファントム群。
何故かと言うと、多くがデカールが黄ばんでこのままでは使用に耐えない状態だからです。

 以前から雑誌には、黄ばんだデカールは陽に当てると元にもどる。と書かれていましたが、本当でしょうか?、一念発起、今すぐでなくてもいつかは作る時に必要になりますから実験しておきましょう。この実験はあくまでも自己責任で行いましょう。
  
Img_5482_2 さて、用意したのは、ハセ 1/48  F-4E,F-4EJ,F-4J、途中でタミヤ 1/48 A-10も加えました。どれもこのままではとても使えない物ばかり(だいたい20~30年もの)です。台紙が白はかなり古い物です、ブルーの台紙は比較的新しいと思います。
 いきなりですが、上の台紙が白(黄?)が元の状態、下の台紙がブルーの物が実験後の物です。元はどれも似たり寄ったりの黄ばんだ状態でした。
    
Img_5488_2 実験はこのような環境でしてみました。
この場所は、だいたいAM08:00~PM3:00頃まで直射日光に晒されます。時期は凶悪残暑の最後の週に様子を見ながら1週間連続で行いました(ずっと晴天でした)。気温も凶悪で38度オーバーの日もありました。この場所はそれ以上になっていたでしょう、それだけでもデカールにダメージがありそうで怖かったです。
 雑誌で読んだ時も、直射日光ではなくすりガラス等でワンクッションおいてするように書いてあったと思います。その方が変化が緩やかでやり過ぎないように思います。

 実験自体はガラスの内側にテープで止めて放置するだけです。

Img_5485_2 実験後の写真ですが、上はF-4EJ,下はF-4Jの物です。
デジカメの色補正で若干違いますが、EJの物はまだ黄ばみが残っています。Jの物は使用に耐えられるまで白くなりました。どちらも国籍マークの部分の白で判断しています。EJはキャノピー部品と一緒の袋に入ったままでしたが、J型のデカールは以前押入れを整理した時にむき出しだったので市販のビニール袋に入れて空気に晒されないようにしてありました。保管の条件によっても変化すると思います。
    
Img_5479_2_2 E型のデカールはなかなか手強い。
こちらも色補正が入っていますが、肉眼で見る限りまだ黄ばんでいます。これもキャノピーと一緒になっていて長い間空気に晒されていました。
 デカールをクリアファイルに保存している人もいますので、なるべく空気に触れさせない方が長期保存に適しているようです。自宅のキット群は整理した時にむき出しデカールは全てビニール袋に入れておきました。

Img_5617_2  途中で追加した、タミヤにA-10用デカールは2010年11月のA/B(アタッカー/ボマー)祭り用に製作中の物ですが、計器版、コンソールがデカール表現のみでした。A-10は、まさに30年ほど製作途中(スジ彫り中に力尽きた)で放置したままの物を引っ張り出してきたものの、ちょっと使えない状態でしたが3日ほどで使用できる状態になりました(偉いぞタミヤ)。ただし、デカールを貼ろうとしたら破れ易くなっていて、そ~っとやさしく貼りました。黄ばみは取れても年次経過のデカール自体の劣化は別の話でした。

 結果として、保管状態に左右されますが、黄ばんだデカールは復活可能。ただし、材質の劣化は止められない。・・・早く作れと言うことですネ・・ハイ。

 別売りのマイクロスケールやイーグルストライクのデカールも持っていますし、ハセガワのアフターサービスで注文しても良いのですが、手持ちの物を何とか生かしたい・・保険として使えるようになっているのは心強いですから・・。

 1年経ってもう一度チェックしてみましたが、実験後から特に変化は見られず何とか使える状態を維持しています。F-4ファントムを製作して使用に耐えられるかのレポートもしたかったのですが、未だ叶わず今に至ります。2011年中には何とか制作レポートを揚げたいです。

 それでは おあとがよろしいようで。 それでは股。

« タミヤ 1/24 ポルシェ911カレラ 製作記 その5(終) 8/13 | トップページ | ドラゴン 1/35 ZSU-23-4 シルカ 製作記 その1 8/23 »

モケモケ展示会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実験 黄ばんだデカールを元に戻すには・・・。 8/15:

« タミヤ 1/24 ポルシェ911カレラ 製作記 その5(終) 8/13 | トップページ | ドラゴン 1/35 ZSU-23-4 シルカ 製作記 その1 8/23 »

2023年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ