« ドラゴン 1/35 Sd.Kfz.234/2 プーマ 製作記 その6 6/29 | トップページ | モケモケ展示会 2011年 6月 ’タイヤ付 ’ 7/4 »

2011年7月 2日 (土)

タミヤ 1/35 タイガーⅠ オットー・カリウス 製作記 その4 7/2

  タイガーⅠ中期型 オットー・カリウス の製作記の最終回になります。

 泥の素を摺りこんでから放置しすぎて固着してしまったキャタピラを少しずつ無理やり曲げました。
 ポキッ、折れました(泣)。めげずになんとか巻きつけましたが浮いてきますのでティッシュを詰めて裏から瞬着で固定してあります。時々、外れてきますが落ち着いた所で前回の泥の素を再度作って、キャタピラ、転輪の外側に塗ってあげます。キャタピラと転輪の擦れている部分は、うっすらとその他は様子をもながら少し多めに置いてゆきます。
  
Img_2745Img_2746Img_2747Img_2748



 
Img_2749Img_2750Img_2752_2Img_2753




 ぐるっと一周です。後ろのフェンダーは巻き上げる泥が意外と多くこびりついています。逆に前のフェンダーには意外なほど泥が付きません(全速バックでもすれば別ですが)。この点を見落としていました・・。やりすぎてしまいましたが今更修正もきかないので見なかったことにします。

Img_2758Img_2757Img_2756Img_2809




 泥の素だけでは、粒子の粗さが目立つのでパステル粉で泥の素より明るめに調色した物(カイロの中身は入れていません)を乾いた泥としてフェンダー、背面上面の熱を持つ場所(エンジン付近)に乗せてゆきます。
 本体はこれで完成ということで・・。

 本体は完成したもののカリウス車ということなので苦手なフィギュアも製作します。

 ’ 戦闘中にキューポラからわずかに顔を覗かせて外の様子を見ているカリウス・・。’
脳内ではすでにこのシーンを作る事に決まっていました。が、そんな都合のいいフィギュアがあるわけも無く、あえなく改造自作となりました。
 
Img_2779Img_2780Img_2781




 初めての改造なので極力手を抜く方向で進めます。こっそり覗く時人は背を丸めますのでなるべくそんなポーズの人を手持ちの中から探します。無い・・、無い・・・、いろいろ引っ掻き回した結果、タミヤのラングの人が一番良さそうなのでベースとします。ただ、頭が違い過ぎますし、首の角度が違いますのでニッパーで首チョンパ(凄く悪いことをしたような罪悪感が・・)して、ヘッドは、タミヤのカリウスセットよりその他の人ヘッドを選びました。カリウス本人を使いたかったのですが緊張感の無い表情だったので却下しました。服は白のフード付き防寒服?なのでエポキシパテからヘラでそれらしく作りました。キューポラから少し顔を出すだけなので肩より下はテキトーです。フードと襟の部分さえ何とかなっていれば冬服の記号として十分だと思います。
 なんとかカリウスに似せようと、溶きパテを盛ったりしましたが、何ともならず・・これ以上やると破綻しそうなので眉間にシワを寄せる程度にしました。
 
Img_2782Img_2783 ベースの肌色が決まりません。この時点で2回塗り
直しています。どうしても黄色っぽくなって白人のピンクの肌になりません。苦し紛れにMr.カラーの
美少女フィギュアフレッシュから下塗りコーラルピンク、上塗りミルキーピーチを選択。説明書によると、色白系美少女アニメキャラクターの肌色だそうです。明らかに血色が良過ぎですが今回はこれでいってみます。アーマーモデリング2月号を参考にラッカー塗料の重ね塗りと油彩を使用しています。集中してやりましたので途中の写真がありません(すみません)。目が~、上手く描けません。何回もやり直ししました。手暗がりの場所なのも塗りにくい原因です。最後はLEDライトを口に咥えて拡大鏡を覗きながら何とかしました。  
Img_2804Img_2806Img_2805 



 実際にはもう少し明るい肌色です。写実的仕上がりを目指しましたが、そうするとメリハリに欠けます。ここは、数をこなして経験値を上げないといけないかも?。ヘッドホンはトライスターの38(t)に付いていた物の余りからコンバート。咽喉マイク、ヘッドホンのコードはまだ付けていません。
 
Img_2802Img_2803  乗せてみるとこんな感じです。もう少し頭を引っ込めても良いかな。
 フィギュアの肌色のベースは単純にMr.カラーの112番 キャラクターフレッシュ2か、111番キャラクターフレッシュ1+赤の方が良かったかも??。
 今回のフィギュア制作で思ったことは、ルーペとライトと良い筆は有った方がより良い物が出来る(はず)。近道は無いけれど、遠回りする必要も無いと言う事でした。 自分的にちょっと光が見えた感じです(先は長そうですが・・)。

 ながながとお付き合い頂き、ありがとうございました。 おあとがよろしいようで。

 2011年記: う~ん、今見ると荒っぽい部分が多々有りますのでいずれ修正してゆきたいです。ゆくゆくはジオラマにしたいのですが、雪表現、フィギュア製作など課題がいっぱいです、何とか克服してゆきたいですネ。 

« ドラゴン 1/35 Sd.Kfz.234/2 プーマ 製作記 その6 6/29 | トップページ | モケモケ展示会 2011年 6月 ’タイヤ付 ’ 7/4 »

タミヤ 1/35 タイガーⅠ中期型 オットー・カリウス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ドラゴン 1/35 Sd.Kfz.234/2 プーマ 製作記 その6 6/29 | トップページ | モケモケ展示会 2011年 6月 ’タイヤ付 ’ 7/4 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ