« タミヤ 1/350 日本重巡洋艦 利根 製作記 その8 完成 6/4 | トップページ | ドラゴン 1/35 Sd.Kfz.234/2 プーマ製作記 その1 6/6 »

2011年6月 5日 (日)

ハセガワ 1/48 F-14プラス 製作記 その9 完成 6/5

 ホビーショップ モケモケです。長かったトムキャット製作記の引越し編も最終回です。

仕上げの工程と完成写真をいきま~す。

Img_2347  前回は、写真が無かった?AIM-54フェニックスミサイル。
プラッツのデカールは、大変細かいとこまで良く出来ていました。ただし、どこにどれを貼るかの指示がイマイチ判りにくかったです。
サイズはハセガワのフェニックスにほぼピッタリですが、途中のモールドにかかる部分は微妙にずれていました。茶帯も微妙に長くフィンにかかるので、余分は半乾きの時に切り取りました。
レドーム下のシルバーの部分は水野さんに頂いた、のり付き鉛板を薄く延ばした物の細切りを貼っただけです。手持ちの釣り用と比べて輝きが有ります。何か成分が違うのでしょうか?ワンポイントとして大変使えます。水野さんありがとうございます。

Img_2349Img_2350_2 垂直尾翼、胴体下面後部は、実機を見るとパネルの間とかから汚れが帯状に後方に流れています。
 それらしく、3Bの鉛筆で書き込んでゆきます。そしたら綿棒で空気の流れを意識して滲ませるように馴染ませます。気が済むまで書き込んだら、3/4つや消しクリアーを薄めにといたものでコートしておきます。

Img_2352_2  お腹はこんな感じに汚しておきました。
ハイビジ塗装だとここまで汚さないと思いますが、ロービジ塗装はメリハリに乏しく、ついつい多めに汚してしまいます。 

Img_2367_2 主脚の細かい突起部分はみんな折れちゃった・・。プラが硬く接着してもまた折れるでしょうから、ここは見なかったことにします。テヘッ・・。
 主脚に付く斜めのアームが長すぎて主脚が必要以上に後ろに傾いて
しまいます。機体側の受けにはまるアームのダボを削りながら調整します。結局、半分ほど削りました。ここはピッタリ合う人もいるので機体の作り方に問題があって、そのツケがここに来たのかも・・?。実機も少し後ろに傾いているのでここはこれで良しとします。

Img_2369_2  脚庫ドア、アレスティングフック、パイロンなど小物を接着。だんだん形になってゆくので気持ちがハイになってゆきます。小物の接着は、通常の物を使うとはみ出した時の修正が面倒なので、セメダイン スーパーXGを使いました。強力型で速乾、高透明度、シリコン系で塗装面、プラを犯さないタイプです。ただし、糸を引くので注意が必要です。 
Img_2379Img_2381_2  フェニックスミサイルを取り付けたら、微妙に位置がずれてしまいました。写真では判りにくいですが、1mmほどずれています。これはみっともないので真鍮線受けの穴を開け直しました。スパローミサイルのフィンを塗り忘れていました。Mr.メタルカラーNo.212 アイアンを筆でチョイチョイとなっ。
 
Img_2382_2Img_2383_2  ミサイル装着っっ!


 Img_2384_2Img_2385_2_2
 飛行機模型を作る上で最後の神聖な儀式(だと
思っているのは私だけ・・?)、キャノピーのマスキングを剥がしてゆきます。マスキングははみ出しも無くほぼ成功。ただし・・、キャノピーの内側にでっかい削りカスが3つ、4つ静電気でくっいています!OH!マイガーッ!。キャノピーを傷つけないように爪で弾いて下に落としました。
 
Img_2387_2Img_2388_2 垂直尾翼、水平尾翼 合体!!

 主翼 合体!!!

 完成です。 ううっ長かったよ~。

 11月(2009年の時の)のお題だったのに間に合いませんでした。すみません。
ここで一人寂しく完成品ギャラリーです。
   Img_2409_2   Img_2424_2Img_2426_2 
Img_2427_2




Img_2410_2Img_2411_2  



  Img_2413_2   Img_2414_2 Img_2415_2
Img_2394_2



  Img_24222Img_2434_2 
Img_2421_2



 
 資料が有り過ぎるのも困りものです。絶対、製作より写真を眺めている時間のほうが
長いと思います。

  おあとが よろしいようで。

« タミヤ 1/350 日本重巡洋艦 利根 製作記 その8 完成 6/4 | トップページ | ドラゴン 1/35 Sd.Kfz.234/2 プーマ製作記 その1 6/6 »

ハセガワ 1/48 F-14Aプラス」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
こっちもう完成してたんですな。しかも抜群の汚し具合。今すぐ発艦しそうな勢いです。
てんちょー本体の工作はいつながらお見事ですな。それと兵装セットをこの機にネット販売してはいかがでしょう。是非よろしくお願いします。

そのフェニックスそのままちょーだぃw

キャノピーの中のゴミとか結構苦労しますよね。同じように隙間スカスカカーモデルですらフロントガラス内装側についてたりするんだから飛行機のキャノピーなどもう手が届かないしで、苦労しますね。
年内に私もやりますわ。

  hirozさん、こんにちは。
以前の製作記の再掲載でしたが楽しんで頂けたら幸いです。
ミサイルセットはワンフェスで細々と売っています。なにぶん、手流し生産なので
数が揃わずネット販売には至っていませんが、どこから調べたのか通販希望の電話が
かかってきます。種類も多くなりすぎたので整理しないと・・・・。
 
フェニックスはメッw

キャノピーのゴミは、なかなかこれだっ!と言う解決策がないですね~。

いつかモケモケ兵装ガチセット売りを夢見ておりまする。
トムキャはいつ見ても良いなぁ。

 トムキャットに限らず飛行機はエェですワ。
飛行機スイッチが入りっぱなしですので
このままワンフェス用の新作も手を着け始めます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハセガワ 1/48 F-14プラス 製作記 その9 完成 6/5:

« タミヤ 1/350 日本重巡洋艦 利根 製作記 その8 完成 6/4 | トップページ | ドラゴン 1/35 Sd.Kfz.234/2 プーマ製作記 その1 6/6 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ