« タミヤ 1/350 日本重巡洋艦 利根 製作記 その6 5/29 | トップページ | モケモケ展示会 2011年5月 ’キャラクター物 ’ 6/1 »

2011年5月30日 (月)

ハセガワ 1/48 F-14Aプラス 製作記 その8 5/30

 ホビーショップ モケモケです。

 まだ完成しない・・・。いや、あと少しなんですが・・・。

Img_2233Img_2232 エンジンノズルはチタン製?Mr.カラーのスーパーチタンで、根元の黒い部分は材質が解りません。
スチールの様にも見えます。明るめのメタリックグレーの上からスモークグレーで影をつけてゆきまた。 

Img_2237_2  汚し塗装が済んだのでスミイレをします。タミヤ エナメルのジャーマングレーで濃い目に乗せてゆきます。半乾きになったら綿棒で余分な所を拭き取りますが、空気の流れを想像して流れるように・・ではなく、今回はさらに汚れを強調するように拭き取る部分と残す部分のメリハリを付けてみました。
Img_2244_2Img_2242_2Img_2245_2



 全体にスミイレすると引き締まって見えます。拭き取り方一つで、いろいろな表情に変化します。
奥が深いです。

Img_2247_2Img_2246_2  汚すのが楽しくてついついやりすぎてしまいます。
よく開けるパネルラインは、汚れていません(タッチアップ跡?)。国籍マークは汚れを拭き取った跡も有ります。 燃料タンク、フェニックスミサイルのパレットも同時に汚してバランスを見てゆきます。

Img_2248_2Img_2251_2Img_2250_2  ある程度汚したら、一度半ツヤクリアーで押さえてしまいす。



Img_2253 ミサイルのマーキングにはプラッツのデカール(USD-3)現用アメリカ軍用エアクラフトウェポン コーションデータを投入。少々面倒ですが、再現度は最高です。金属部分までデカールで再現されていますがここは塗装した方がそれらしいので切り取って塗り塗りしました。 細かい注意書きまで再現されています。
Img_2254_2_2Img_2257_2Img_2255_2Img_2256_2_2   

 
 

 この後、航法灯、編隊灯の塗装、アンテナ類の接着、脚柱の調整など面倒な作業が待っています。 
 次回でフィニッシュできると思います。
   

« タミヤ 1/350 日本重巡洋艦 利根 製作記 その6 5/29 | トップページ | モケモケ展示会 2011年5月 ’キャラクター物 ’ 6/1 »

ハセガワ 1/48 F-14Aプラス」カテゴリの記事

コメント

うほっwいい汚し!
実機写真のイメージどおりですな。
自分もやりたいな。いいなぁそのトムキャット。

hirozさん、こんにちは。
やりましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハセガワ 1/48 F-14Aプラス 製作記 その8 5/30:

« タミヤ 1/350 日本重巡洋艦 利根 製作記 その6 5/29 | トップページ | モケモケ展示会 2011年5月 ’キャラクター物 ’ 6/1 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ