« ハセガワ 1/48 F-14Aプラス 製作記 その2 5/17 | トップページ | ハセガワ 1/48 F-14Aプラス 製作記 その3 5/19 »

2011年5月18日 (水)

タミヤ 1/350 日本重巡洋艦 利根 製作記 その4 5/18

 ホビーショップ モケモケです。

Img_8342 艦船模型を作りまくっていたのは中学生(遠い眼・・)の頃でした、いろいろな用語や装備品の名前、何の為の装備なのかとか、今ではすっかり忘れてしまいましたが、先日の静岡ホビーショーでこんなのを売っていたのでついつい買ってしまいました。中学のときに確か買った覚えは有るのですが何処にしまい込んだのか・・(この手の本は絶対捨てないのでどこかにしまってあります)。
 古い本ですが各部の名称、説明等が解り易く解説されているので艦船模型出戻りの身には大変参考になりました。
Img_7441 上部甲板の小物の塗り分けは予想通り時間がかかります。途中で集中力が続かなくなるのでそのときは別の作業をします。
 艦橋の床の一部にリノリウム色の指定がありました。塗り漏らしの無い様にしっかり塗ってマスキングゾル(ゴム系)で覆っておきます。

Img_7525 組める物は組んでしまいます。合体は最終段階ですが、個別で塗装、汚しまで済ませておきます。奥まった部分の有る物は、塗りもらした時のごまかし用にあらかじめ黒で塗っておきます。

Img_7536Img_7535 細かい部品は塗りやすいようにランナーに付いたまま小分けにしてパーティングラインの処理をして、塗る色ごとにまとめておきました。
 この時、考え無しに切り分けたので後でどれがどれやら??になってしまいました・・。

Img_7572_2Img_6644 マストも組んで保管しておきます。付属のエッチングが精密感を出しています。付属のエッチングは非常に効果的な部分に使うようになっていて好感が持てます、最小限のエッチングで最大の効果を出していると思います。

Img_7892_2 チマチマした作業が続くので、時々仮組みをしてモチベーションを維持したいのですが時々、放置してしまいます。

 さらに塗り分けは続く・・・。

« ハセガワ 1/48 F-14Aプラス 製作記 その2 5/17 | トップページ | ハセガワ 1/48 F-14Aプラス 製作記 その3 5/19 »

タミヤ 1/350 日本重巡洋艦 利根」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タミヤ 1/350 日本重巡洋艦 利根 製作記 その4 5/18:

« ハセガワ 1/48 F-14Aプラス 製作記 その2 5/17 | トップページ | ハセガワ 1/48 F-14Aプラス 製作記 その3 5/19 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ