2020年2月16日 (日)

ドラゴン 1/35 タイガー1 初期型 製作記 その18 2/16

 基本となるダークイエローを塗りましたが写真を撮ってない・・!。
締め切りは中京AFVの会までに としているのですが、手が動いていないです。油彩レンダリングを試すにしても、その前にヘアスプレー技法で迷彩塗装のチッピングをする予定です。しかしながら、迷彩のグリーンの色目がなかなか決まりません。汚しで彩度、明度が落ちるので、それを見越した色でぬりたいのですが、これがなかなか難しく迷路にはまり込んでいます。見切り発車で行くしかないのか・・な。

 近所のホームセンターが閉店してしまいます(泣)。いつでも買えるからと思っていましたが、ステンレスワイヤーを買ってきました。
カラヤなどの銅製ワイヤーも曲げやすく重宝しているのですが、手に入りにくいのが難点です。ステンレスワイヤーは、比較的手に入りやすく、千切れて撚ったワイヤーがばらけた状態は大変リアルです(なにせ本物ですから)。モデルカステンのソフトステンレスワイヤーは、同等品でさらに柔らかく使いやすいのですが、これもなかなか売っていません。手に入りやすく、安価でリアルなステンレスワイヤーですが、良いことばかりではありません。唯一の欠点は、硬い。とても硬い、曲がらない。本来の目的からして当然のことながら、模型に使うには硬くて曲がりません。モデルカステンのソフトステンレスワイヤーの存在意義はここにあります。

 なら、どうするかと言うと、ガスコンロで焼く、ひたすら焼いて焼きなまして柔らかくする。やきなますと錆び易くなるので、今はこのままですが (それはそれでリアル)、かなりしつこく焼かないと弾力が残ります。火傷に注意して下さい。

 太さは、1.2mmから0.45mmまで5種類買ってきました。これでヤクトタイガー、現用戦車の重量級から3号戦車、履帯交換用ケーブルぐらいはカバーできるはずです。今すぐ使うわけではないのですが、持っていると安心します。

Dsc05053-2

2020年2月 2日 (日)

ドラゴン 1/35 タイガー1 初期型 製作記 その17 2/2

 本っ当 ごめんなさい。今週は何も進みませんでした。
しかしながら、塗装の脳内計画は進行中。基本塗装は明度高め、迷彩も彩度高めで始める予定です。
汚し、その他の部分は、この本を参考にして進める予定です。
Dsc05023-2

 大日本絵画刊 タンクアート 洋書の日本語訳本ですが、油彩を使った塗装は繊細でとても魅力的です。ぜひマネしたいと思いますが、すぐにマネしてできるモノでもありませんので、何とかエッセンスだけでも取り込みたいと思います。ただ、時間が掛かりそうなのと変化が微妙なので写真で違いが判るのかが心配です。3月の中京AFVの会には間に合わせたいです。

2020年1月26日 (日)

ドラゴン 1/35 タイガー1 初期型 製作記 その16 1/26

 ほぼ一ヶ月ぶりにタイガー1に戻ってきました。
微妙な調子のコンプレッサーと久々のエアブラシにビビりながらサフを吹きました。 塗料関係も最低限の物をダンボールから発掘しましたがまだまだあります。Mr.カラー、タミヤアクリル、エナメル、AKにピグメントなどなど色々な塗料を駆使していました。その量たるや膨大な数数になります。加えて、工具、パーツ、素材などがあり整理するにはいずて第二次模様替え作戦が必要です。

Dsc05024-2

» 続きを読む

2020年1月19日 (日)

ドラゴン 1/35 パンターG型 後期型 製作記 その4 1/19

 引き続きOVMの取り付けクランプなどに手を入れます。
牽引フックの脱落防止ピンは、キットのパーツに無かったので 0.5mmの真鍮線で制作してチェーンを追加しました。ワイヤーカッターの留め具はM.Sモデルズのクランプです。スコップの留め具は、アルミ板の細切りで。

Dsc04679-2  

» 続きを読む

2020年1月12日 (日)

ドラゴン 1/35 パンターG型 後期型 製作記 その3 1/12

 車体側面の予備履帯は一枚ずつ組むようになっています。センターガイドも別パーツです。注目したいのは。上部左右の蝶ねじパーツです。
エッチングパーツだと取れてどこかに飛んでいくことも多いですが、プラパーツならガッチリ接着できます。タイガー1にも流用しました。少し厚めなので薄くなるように削りました。

Dsc04639-2_20200112053401

» 続きを読む

2020年1月 5日 (日)

ドラゴン 1/35 パンターG型 後期型 製作記 その2 1/5

 新年早々に休日出勤だったので更新が一日遅れました。
お正月休みは部屋の模様替えとお掃除、整理で終わりましたが未だに部屋はカオスな状態です。コンプレッサーの機嫌は何となく治ったような気がします。

 パンターG型ですが、キューポラも溶きパテで荒々しく鋳造肌を再現してみます。ペリスコープガードに付いたパテは後でペーパーで削っておきます。

Dsc04656-2

» 続きを読む

2020年1月 1日 (水)

明けましておめでとうございます。 1/1

 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

旧年中は完成品が無いにもかかわらず、沢山の方に当ブログをご覧頂いて心苦しいばかりでしたが、今年は何個か完成まで持った行けそうです。

 

2019年12月29日 (日)

ドラゴン 1/35 パンターG型 後期型 製作記 その1 12/29

 コンプレッサーの不調にほとんど手が付けられないままの一週間でした(お仕事もそれなりに忙しかった)。
このまま何もできないのも時間が惜しいのでお店時代の頂き物に手を付けます。

 お店時代の頂き物と言ってもいろいろありまして、新製品がでてしまった古いもの、パーツ取りに使ったもの、手を付けたけど置いておく場所が無くなったもの、故人の遺品などいろいろあり、たま~にそう言う物がお店に持ち込まれました。 パンターG型は、お手付きで製作途中のものでした。

Dr6268nv_01

» 続きを読む

2019年12月22日 (日)

ドラゴン 1/35 タイガー1 初期型 製作記 その15 12/22

 だいたいの工作は終わったと思います。ペリスコープなどの透明部品は後付けするために別にしてあります。 車番などのデカールは、ガルパン仕様のキットなのでタミヤより流用します。

Dsc04981-2

» 続きを読む

2019年12月15日 (日)

ドラゴン 1/35 タイガー1 初期型 製作記 その14 12/15

 モチベーションアップにために砲塔を車体に載せてみました。そのまま砲塔旋回~ゴリッ・・!??。
車体中央のSマインと砲塔の防楯が干渉していました。指定の位置のはずですが、ここだけ引っかります。ガッチリ接着してありましたがなんとか剝がして干渉しない位置に移動させました(写真は移動後)。安心して制作していましたが、予想外の事が起きるのはドラゴンならではの事です。

Dsc04636-2

» 続きを読む

«ドラゴン 1/35 タイガー1 初期型 製作記 その13 12/8

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめサイト

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ